山行名 冬山合宿 南アルプス
入山山域 南アルプス
山行日 1984年12月24日(月)〜12月30日(土)
メンバー

行動記録

1984年12月24日(月)晴れ 伊那大島駅(8:15)―樺沢小屋(9:55)―塩川小屋(11:40)
 タクシーにて鹿塩まで、下車後、塩川小屋のおばちゃんのトラックと出会い荷物を樺沢小屋まで運んでいただく。樺沢で休憩の後、塩川小屋へ。田中、外張りを忘れたことが発覚。1時間ほど歩行訓練。クリスマスパーティーをする。冷え込みが厳しい。

12月25日(火)快晴のち晴れ−15℃ 起床(4:00)―塩川小屋発(5:50)―尾根取り付き(6:55)―三伏峠(11:40)―設営完了(12:20)
 積雪は塩川から五合目まで10〜30p、徐々に量を増す。三伏峠で60〜70cm程度。ツェルトを外張りの代わりにする。

12月26日(水)曇のち雪−21℃ 起床(4:30)―出発(6:45)―烏帽子(8:50)―BC着(9:55)
 本日は小河内岳アタックの予定。烏帽子までのラッセルに予定外に時間を食う。稜線は雪混じりの強風、視界悪し。田中、耳の感覚をなくす。強風のため雪訓もできそうにないため大事をとってBCに引き返す。以後沈澱、田中の耳は軽いしもやけ。

12月27日(木)快晴−22℃ 起床(4:00)―出発(6:05)―烏帽子(7:00)―小河内岳(9:45)―避難小屋発(10:30)―BC着(14:00)
 南アルプスの稜線はピーク付近を除いてラッセルが要求される。アイゼンにワカンを着けて行動。小河内岳ピークより避難小屋へ。大休止。途中の斜面でザイルワーク、アイゼンワークなどの訓練を行う。

12月28日(金)雪−18℃ 起床(4:00)―三伏峠発(6:30)―本谷山(7:50)―BC設営地点(8:25)
 本日は本谷山付近へBCを移動する予定。雪は静かに降り続ける。トレースがあったため意外に早く着く。天候その他を考慮して偵察はやめる。

12月29日(土)快晴のち曇−20℃ 起床(4:00)―出発(5:45)―塩見小屋(6:50)―塩見岳(8:50)―塩見岳発(9:15)―塩見小屋(10:25)―BC着(11:35)
 トレースがあるため樹林帯は速い。小屋から塩見への登りは、適度な雪がつくほうが夏よりかえって歩きやすい。寒風に顔が痛い。1ヵ所ザイルを出す。下りで1ヵ所フィックスザイルを張る。田中が2度ほどこけるがたいしたことはない。小屋で大休止。快晴の中で塩見アタックが成功した。

12月30日(土)快晴 起床(4:00)―三伏峠(7:00)―樺沢小屋(10:40)
 歩きやすい雪原を軽快に飛ばす。樺沢小屋のマイクロバスで伊那大島へ。松本にて打ち上げ後、解散。お疲れ様。天候に恵まれた山行だった。皆、良くがんばった。しかし、春山は心して向かわなければならない。同じ失敗は繰り返してはいけない。


TOP