山行名 冬山合宿北アルプス白馬岳
入山山域 北アルプス白馬岳
山行日 1986年12月24日(水)〜12月31日(月)
メンバー L田中晃志 永井直樹 東條格 大森拓 竹内克志

行動記録

1986年12月24日(水)鹿児島港発 フェリー内でクリスマスイブを祝う。
12月25日(木)大阪→夜行で松本へ
 竹内氏と合流。OBの多田氏にご馳走になる。

12月26日(金)晴れのち雪 白馬駅発(8:05)―ゴンドラ終点(9:00)―ゴンドラ終点発(9:30)―成城大小屋前(11:20)
 雪が少ない。林道でワカンをつけるがたいしたことはない。

12月27日(土)曇のち晴れ 起床(3:30)―出発(6:15)―天狗原(7:50)―乗鞍岳(9:50)―白馬大池横(10:10)
 大森のワカンがやたら外れる。が、天狗原辺りではワカンなしでOKだった。本当に雪が少ない。白馬大池横にBC設営。休憩した後、斜面を使って雪訓。

12月28日(日)雪 沈澱
 雪のため沈澱。夕食後、洋モノのトランプに興じる。雪は乾雪でたちが悪い。夜中二時間おきに雪かきを行う。

12月29日(月)雪 沈澱
 雪、風のためまたも沈。昨日ほとんど眠れなかったためにいい休養日となる。天気図から全員、明日に期待をかけた。

12月30日(日)曇のち晴れ 起床(4:00)―出発(7:15)―小蓮華岳(9:05)―遭難現場(S57)(9:30)―白馬岳(11:20)―白馬岳発(11:50)―三国境(12:50)―小蓮華岳(13:05)―帰幕(14:10)
 雪のため大森のワカンが見つからず時間を食う。遭難現場で全員黙とう。強風のためロウソク、線香に火がつかない。それにしても天気があまりよくない。時々晴れ間が見える程度。白馬岳頂上で記念撮影。景色が見えないのが残念。東條のアイゼン破損。無事にアタックを終え、帰幕する。天気が悪かっただけに安心した。

12月31日(月)雪 起床(5:00)―出発(7:15)―成城大小屋(9:30)―ゴンドラ乗り場(10:50)
 ワカンが外れる人、続出。天狗原にBCを張っているパーティが多い。林道に出てから近道をしたはずだが、東條は側溝に落ち雪まみれになる。一種のゴジラ落としである。タクシーで白馬駅へ。ここで竹内さんと別れる。ここまで来て初めて大晦日であることを知る。現役は松本へ出て打ち上げ。(田中)


TOP