山行名 新歓屋久島合宿 屋久島縦走
入山山域 屋久島 淀川〜宮之浦岳〜永田岳〜楠川
山行日 1987年5月2日(土)〜5月5日(火)
メンバー L永井直樹4 東條格2 小澤剛1 宮崎義則1 田中晃志4

行動記録

1987年5月2日(土)晴れのち雨 部室集合(6:30)―鹿児島港出航(8:00)―宮之浦港(12:40)―淀川小屋(16:50)
 6時部室集合のはずだったが、宮崎、田中30分遅刻。今回はやたら人が多い。連休だから仕方がないか。シェルパのレンタカーに乗せてもらいなんと登山道入口まで車で入る。古い淀川小屋はなくなっており、そこにテントを張る。

5月3日(日)雨のち曇 起床(4:00)―出発(5:31)―花之江河(6:41)―黒味岳(7:35)―宮之浦岳(10:45)―永田岳(12:25)―鹿之沢小屋(13:45)
 天気が悪くまわりの景色が見えないが、1,2年生は無口でいた。黒味岳では風がすごい。声が聞こえないくらいである。コールの練習をする。途中、翁岳に行くが、濡れていて登らず引き返す。宮之浦岳の頂上は晴れていてよい気分であった。

5月4日(月)快晴 起床(4:30)―出発(6:17)―永田岳(7:35)―高塚小屋(11:18)―縄文杉(11:23)―大王杉(12:03)―ウィルソン株(13:55)―小杉谷荘跡(15:30)
 昨日とうってかわって大快晴、気持ちよい。永田岳山頂でしばし寝転がる。大王杉のところで永井が落し物を取りに行き、1時間のロス。今日は最終日ということで夕食後、トランプに興じる。負けた東條は、疑惑の花瓶を持つことになる。

5月5日(火)起床(4:00)―出発(5:27)―辻峠(6:08)―白谷山荘(6:38)―三本杉(7:26)―林道出口(8:20)―楠川(9:00)―宮之浦港(9:45)―宮之浦港発(13:30)―鹿児島港(18:05)
 皆ペースが速い。他の登山者から、フェリーに乗れるかどうかよくわからないなどといわれてますますペースが上がった。だが、なんとかフェリーに乗ることができた。出航まで土産など個人行動。部室に帰った後、打ち上げ。
 天気もよく一年生によい山のイメージを持ってもらえたと思う。おつかれさま。(永井)

感想 小澤剛 農学部1年
 僕にとって鹿大山岳部として初山行だった。宮之浦港に着く。日差しが強く南国の島、屋久島に立っていることを実感する。目前には津波のように押し寄せる山々が存在し、その波一つ一つが僕の心を逸らせる。早くあの頂きへ。
 次の日、僕は宮之浦岳の頂きに立っている。「ああ、これが山だ。」という言葉ではなく、心が湧いてくる。宮之浦港ではあの熱さが今は、遥かな過去に思われる。ただ冷たい風が、優しく僕の頬や首筋を撫でる。「あれが永田岳だ。」永田岳がなぜかここより高く見える。今、僕は九州に住んでいる誰よりも高いところに立っているはずなのに。
 最終日、再び宮之浦港に来る。数日前のあの焦燥感ともいえる気持ちはおさまり、疲れと満足感が残っている。そして屋久島をあとにフェリーは進み出した。このように僕の鹿大山岳部としての初山行は終わった。

宮崎義則 農学部1年
 僕は、新歓合宿に参加して、いろんなことを思い、考えたが、ここでは次のようなことを述べたい。それは、我々の現代の生活があまりにも便利になりすぎて、人間らしい感情を忘れているのではないかということだ。いったん山に入ると、テントを張るにしろ、飯を作るにしろ、寝るのにしろ、山に登るにしろ、当然のことながら、自分たちの力で、協力してやっていかねばならない。この当然のことに僕は山に登り、そして帰ってきて気づいた。また、自分たちの力で協力して生活するということの中には、本当に素直で素朴な友情、人間関係が育まれると同時に、そこには人間らしい感情が凝縮しているように思えた。そのことは当然、人間は一人では生きていけないということの裏返しのことであるとも思った。山で人に出会う。すると誰から強制されたわけでもないのに、あかの他人なのに自然と「こんにちは」という言葉が出る。僕は、普段の生活でもこういう素直な人間らしい感情を忘れずに、今日、情報化社会、管理社会といわれ、利益打算に明け暮れる現代を生きていきたいなあとつくづく思った。


TOP