山行名

冬山合宿

入山山域

北アルプス五竜岳遠見尾根

山行日 1995年12月23日(土)〜12月30日(土)
メンバー CL中野渉4 SL原田聖久4 原田光一郎2 井上龍一郎2 西村正也1

行動記録

1995年12月23日(土)晴れ 部室発(18:05)―西鹿児島駅バスセンター発(19:12)
 鹿児島から名古屋まで12時間を越える高速バスの旅である。

12月24日(日)曇のち雪 起床(7:08)―名鉄バスセンター(8:18)―名古屋駅発(8:40)―中津川(9:47)―松本着(12:06)―松本発(16:20)―神城着(18:00)
 夜行バスは寝苦しくあまり眠れなかった。中央線の南木曽を過ぎたあたりから雪が降りだす。松本のICI石井スポーツで装備を買い込み、食料等も買い込んで大糸線でさらに北上する。神城駅では、15cmくらいの新雪が降っており、駅前の駐車場でスキーをして遊んだ。寒波の襲来ですさまじい雪。明日は、進めるのだろうか。

12月25日(月)雪 起床(5:00)―出発(7:00)―五竜遠見スキー場(7:35)―テレキャビンアルプス平駅着(12:20)―テレキャビンアルプス平駅発(13:30)―スキー場の駐車場着(15:10)
 神城駅の待合室で寝た。朝からすさまじい雪。ラッセル車が懸命に除雪をしていた。新雪がたくさん降って重荷では上がれないだろうということでダブルボッカする。スキー場をスキーヤーの邪魔になりながら進んでいった。原田さんと中野さんのスキー板で交代でシール登高の練習をした。リフトの上の駅に荷物をデポしてまた来た道を下る。スキーを持っている2名と別々に下ったが、歩いて下っている者の方が早く下に着いた。スキー場の駐車場にテントを張る。

12月26日(火)雪のち晴れ 起床(5:00)―出発(8:25)―地蔵平(12:00)
 6人用の旧型ダンロップテントは狭く、寝るときは身動き一つとれなかった。出発時、テントをたたむのに時間がかかった。凍ったポールをたたむのは一苦労だ。ラッセルがあるのではないかと心配したが、低温で雪が締まって歩きやすかった。法政大スキー小屋の横にテントを張る。昼過ぎから晴れてきて素晴らしい景色に感動した。

12月27日(水)雪 沈澱
 雪とガスのため沈澱にする。朝、外に出ようとしたら入口が完全に雪に埋められていた。外に出るのも一苦労だった。昼からスキーをして遊ぶ。うまく曲がることができず、転んでばかりだった。その後、イグルーなるものを作ってみたが、ブロックの作り方が、不均一であえなく失敗してしまった。

12月28日(木)快晴 起床(3:00)―出発(7:00)―二の背髪(10:00)―小遠見(10:45)―中遠見(12:20)―雪洞完成(16:20)
 移動性高気圧のおかげで快晴。北アルプスの山並がよく展望できる。雪煙をあげる鹿島槍ヶ岳の山容が素晴らしかった。本当は西遠見まで行く予定だったが、ラッセルがところどころ胸まであり、きつそうなので中遠見で雪洞を掘る。初めての雪洞作りは要領が分からず苦労した。

12月29日(金)雪のち晴れ 起床(10:00)―下山準備開始(12:30)―雪洞発(13:35)―中遠見(14:03)―小遠見(14:40)―ニの背髪(15:05)―下山(17:20)
 新雪の全然締まってない雪に雪洞を掘ったため、朝起きたら天井が垂れ下がっていた。その垂れ下がり方が尋常ではなく、高さが120cmくらいあったのが、30cmくらいしかないところもあって完全に使用不可能になっていた。新しく雪洞を掘ろうという人や下山しようという人もいたが、天気に回復の見込みがないので下山することにした。あれほど準備が遅かったのに下山の準備だけは超特急で進んだ。吹雪の中をどんどん進む。小遠見からは、雪はやみ、晴れ間が見えた。最後は軟派にスキー場のゴンドラを使って下山する。下山したら神城駅の待合室でビールを飲んだり飯を食ったりしてくつろいだ。

12月30日(土)曇 起床(5:30)―神城発(6:26)―松本着(7:54)
 コインロッカーに預けた荷物を受け取って解散した。九州へ東京へ北海道へとみんな思い思いの方向へ旅立っていく。(西村)
 


TOP