山行名 屋久島新歓合宿
入山山域 屋久島 永田〜永田岳〜宮之浦岳〜淀川〜尾之間
山行日 1995年5月3日(水)〜5月6日(土)
メンバー L原田聖久4 原田光一郎2 井上龍一郎2 早田賢治1 鈴木太郎1 住春佳1 西村正也1

行動記録

1995年5月3日(水)雨 永田(16:30)―林道テント(17:20)
 GWが5連休で本当に人が多い。フェリーは難民船のよう。本富岳へルートを作りに行く米澤先生と甲板でトランプ。ビール2本をせしめる。1本バスを乗り過ごし、宮之浦で買い出し。雨の中、永田の部落を出発する。永田歩道入口には通行止めの看板があった。林道にテントを張る。テントは他に一張り(永留さん)。夕食の豚汁にはヒルが入れられていた。新入生を喜ばせるための先輩のいきな計らいだったらしい。

5月4日(木)曇のち雨 起床(4:00)―出発(6:10)―水呑沢(8:40)―展望台(9:20)―岳の辻鞍部の看板(11:20)―テント(桃平手前)
 永田歩道の急登を一歩一歩進む。湿気が多くヒルの歓迎を受ける。が、血を吸われるのは破れた地下タビを履いている原田聖久氏だけで休憩のたびにヒルをはがしている。途中から雨が降り出し、だらだらの登りが身にこたえる。きつい。誰か早くバテないかなあと思う。鹿之沢までは到達せず桃平付近に樹林の中に広いところを見つけテントを張る。

5月5日(金)晴れ 起床(4:00)―出発(6:25)―桃平展望台(7:20)―七つ渡し(7:40)―鹿之沢小屋(8:20)―鹿之沢小屋発(9:05)―ローソク岩展望台(9:40)―永田岳山頂(10:30)―永田岳山頂発(11:05)―焼野(11:55)―宮之浦岳山頂(12:30)―宮之浦岳山頂発(13:10)―投石平(14:45)―黒味分かれ(15:10)―花之江河(15:30)―花之江河発(16:05)―高盤展望台(16:20)―淀川小屋(17:20)
 晴れた。屋久島で初めて見る日の光に勇気付けられる。足取りも軽く永田岳を目指す。素晴らしい絶景にしばし見とれた。永田岳山頂の露石から見る永田の谷、障子岳の岩峰は実に素晴らしい。先輩達は、たくさん後輩がいてうれしいのか、はしゃぎ過ぎて少々空回り気味。宮之浦岳の山頂ではかなり登山者が多く、高塚尾根方面は登山者の列が続いていた。最後は、だんだん疲れてきたので、その様子を察知したのか何でも歌合戦大会が始まった。もう歌う歌がなくなった頃、淀川小屋に到着。

5月6日(土)快晴 起床(4:00)―出発(6:45)―林道(7:45)―鯛之川徒渉点(11:30)―鯛之川徒渉点発(11:50)―乗越(12:30)―蛇之口滝分岐(16:15)―尾之間温泉(17:30)
 尾之間歩道は、台風の風倒木で荒れ放題である。特にノンキ岳周辺がひどい。ほとんど倒木の乗越だけに追われる。藪こぎもさせられる。もう嫌だと思った頃、鯛之川徒渉点に着いた。天気がいいので気持ちがよい。乗越を過ぎてからも再び倒木に悩まされた。海が見えて喜んでいたらそこからがとても長かった。長すぎる。蛇之口滝ハイキングコースに合流してからは、下界が恋しくなって小走りで進んだ。あと1kmの看板を見ると皆、走り出した。だが、その500bくらい先に同じくあと1kmの看板があり、皆がっかり。やっとの思いで尾之間温泉に到着。きつかったが、なんともいえない充実感があった。米澤先生に温泉で出会い、本富岳麓のベースキャンプに招待される。キャンプファイアーでみんな盛り上がった。ついて来た野良犬に犬ストームをさせている人もいた。犬も酔っ払うみたいだ。とても思い出深い屋久島新歓合宿だった。
(付記・西村)


TOP