山行名 屋久島永田川右谷遡行
入山山域 屋久島永田川右谷
山行日 1997年4月29日(火)〜5月4日(日)
メンバー L原田聖久6 貝原洋平2 矢内英之2 天野稔2

行動記録

1997年4月29日(火)快晴 部室(7:00)―永田部落(13:00)―シラケン岩屋(16:00)
 大谷氏の熱烈な見送りを受けて出発。永田で買い物をしてから林道を突っ切り沢に入る。シラケン岩屋は台風で埋まっているらしく左岸の平地で泊まることにする。夕食に変な葉っぱとヘゴの芽?を食す。えぐかった。

4月30日(水)雨 起床(4:00)―出発(7:30)―下トリゴエ沢出合(9:30)―岩屋(11:00)
 深夜2時から雨が降り始める。ツェルトを張り雨に備えるがすぐ雨の重みで垂れ下がってくる。水量も増えて轟々音を立てているので藪こぎしながら進む。ミズトリ沢出合の直前でザイルを出して徒渉。次の巻きでは懸垂下降して沢に下りるも再び徒渉、寒い。下トリゴエ沢を越えたところで少し焚き火をして雨が止むのを待つが、結局ここに泊まる。

5月1日(木)曇 起床(4:00)―出発(6:30)―上ノ岩屋(15:30)
 沢の水量はすでに元通りになっていた。たまに補助ロープを出したがサクサク進む。上ノ岩屋は2つあるうち奥のボルトの打ってある湿った方に泊まる。

5月2日(金)曇のち雨 沈澱
 4時に起きるはずだったが寝坊。天気予報を聞くが思わしくないようなので沈澱。岩屋は雨が激しく降ると岩を伝って水滴が滴り落ちてくる。ケツが濡れるが乾かすのも面倒なのでほっぽっておく。焚き火をしたりしながら暇をつぶし一日を過ごす。

5月3日(土)曇時々雨 起床(4:00)―出発(6:30)―中ノクボ出合(7:00)―奥ノクボ出合(7:40)―神様のクボ出合(8:00)―鹿之沢小屋(11:00)
 相変わらずすっきりしない天気だが出発。ハ、ホ谷は諦めて右谷を詰めて鹿之沢小屋を目指す。初めの滝は行けるが落ちてこけたら痛いので少し巻く。以後は何の支障もなく進む。9時過ぎよりシャクナゲの藪こぎに苦しむ。いつのまにか東へ延びる沢に入り込んだらしく遠回りしたくないので、南へ突っ切ることにする。しばらく進むと鞍部らしいとこに出るもさらに登りがあった。地図で南へ下っていて永田川に合流する沢のないことを確認して5分くらい下っていくと永田歩道に出る。小屋から5分くらいのところだった。小屋には宝塚から来た人がいた。昼食にすし太郎を食って夜には7合の米を4人で食った。夜、久々に快適に寝れるかと思いきやかなり寒かった。

5月4日(日)快晴 起床(4:00)―出発(5:40)―ミズトリ沢(9:15)―永田歩道(10:10)―永田バス停(10:40)
 下山パワー全開!バスに間に合う。(矢内)


感想 原田聖久 教育学部4年
 雨でほとんど予定の所に行けなかったが、今回はじっくり永田の沢を楽しめた。でもやっぱり雨は怖い。上の岩屋に止まった日、ネマチのクボは滝になっていた。障子の急な岩壁からも幾筋も滝が落ちていた。雨屋久島はすごいなあと改めて思った。右谷(65/66谷)を登って逃げて大滝まで来たときに振り向くとハ谷がきれいに見える。左岸はすごい岩壁で右岸はくされヤブ、真中は浮いてそうな岩が積み重なっていた。取り付かずによかったと思った。でもいつかまたやるぞ。それから体力をもっとつけるぞ。

矢内英之 農学部2年
 私のパッキングが下手なせいもあってシュラフを持って行こうとしたが入らずシュラフカバーだけとなって寒くて夜もあまり寝られませんでした。天気も芳しくなく濡れてばかりだったけど楽しかった。今度晴天のもと、泳いでいきたい。

天野稔 水産学部2年
 沢登りという縦走とは異なる楽しさを持った山行を体験できて、これからの自身の山行に幅ができたことは大変うれしい。いろいろとサポートしてくれた方々に感謝。

貝原洋平 農学部2年
 夜はあまり眠れなかった。帰りのフェリーで寝た。帰りは晴れて甲板の上で今年初めての日焼けをした。


TOP