山行名 四国石鎚山
入山山域 四国石鎚山
山行日 1999年3月21日(日)〜3月23日(火)
メンバー 香川浩士1(単独行)

行動記録

1999年3月21日(日)曇一時雨のち曇 西ノ川バス停発(11:45)―東ノ川、瓶ヶ森登山口発(13:00)―瓶ヶ森ヒュッテ着(16:10)
 四国山地の主稜線へ一気に上がる。途中高校山岳部の2パーティとすれ違う。積雪は20cmぐらい。瓶ヶ森ヒュッテはボロ小屋だ。

3月22日(月) 起床(4:16)―出発(7:20)―瓶ヶ森山頂(7:53)―シラサ峠(9:23)―ヨサコイ峠(10:40)―土小屋着(11:50)―土小屋発(12:30)―二ノ鎖下着(14:20)―二ノ鎖下発(15:00)―天狗岳(16:00)
 今日はかなりの寒気だ。朝、カレーが凍っていた。(表面が)樹氷がきれい。ひげもじゃの山男と出会ったら、その人は愛媛山岳救助隊の人だった。二ノ鎖下の小屋に入ろうとしていたら、熊本大学医学部山岳部の藤本君と出会い、一緒に天狗岳へ向かった。弥山から天狗岳への15分ばかしの岩稜は結構面白かった。岩場でのアイゼンワークのいい練習になる。夜は藤本君といろいろ語り合った。この日の気温、PM2:30で−8℃。

3月23日(火)快晴 起床(5:00)―出発(7:25)―弥山着(7:45)―弥山発(8:05)―天狗岳(8:45)―弥山発(9:50)―成就着(11:40)
 ド快晴の中、もう一度天狗岳をめざす。天狗岳の上で大キジを撃ち、藤本君に写真を撮ってもらった。西日本最高峰石鎚山からの眺望はすばらしいの一言だった。土佐湾から徳島の剣山までくっきりと見えた。
 下界に降りて藤本君と温泉に入り、再会を約束して涙の別れをした。(香川)


TOP