山行名 夏山二次定着合宿(北アルプス剣沢)
入山山域 北アルプス剣沢
山行日 1998年8月5日(水)〜8月9日(日)
メンバー CL矢内英之3 SL西村正也4 江口佐智子3 香川浩士1 矢木貞光1

行動記録

1998年8月5日(水)雨時々曇 沈澱
 夜降っていた雨はやんでいたが、ガス。沈澱決定。江口、コンタクトを失う。

8月6日(木)晴れのち雨 起床(3:00)―出発(4:15)―八ツ峰Y峰Cフェース取り付き(8:00)―真砂沢小屋(15:00)
 屈強っぽい人々を横目に長次郎谷を上る。雪が少なすぎて、ルートに困るも、Cフェースまでやってくる。一番手ではなかったが、剣稜会ルートを譲ってもらい、先発;西村、香川、江口、後発;矢内、矢木で登る。ルートがいまいちわからないが、腐ったハーケンにすべてを任せ進む。途中、矢内、藪ルートを作る。素敵だった。支店をどう作るかでトップの人は肝を冷やしたようだが、傾斜もそう強くなく程よいスリルのCフェースだった。それからはY峰を下って長次郎谷、剣沢の雪渓を下り原田(聖)のいる真砂沢小屋へ。いろいろめぐんでもらってくつろぐ。うまい飯にもありついた。

8月7日(金)雨のち晴れ(風強し) 起床(7:00)―真砂沢小屋発(10:50)―BC(13:00)
 朝、大雨で帰れるか不安だったが、急に晴れてきて急いで真砂沢に別れを告げる。余裕あるペースでBC到着。もうやるべきことはない、とすべての酒を飲み尽くす。寝る。

8月8日(土)晴れ時々ガス 起床(2:30)―出発(5:30)―剣岳頂上(8:30)―早月小屋(12:50)
 BCを撤収して出発。途中ペースの遅さ、荷物の重さにより室堂に引き返す案も出るが、結局早月尾根安に決定。タテバイで渋滞を起こしつつ登頂する。1時間ほど1年生にとってはじめての晴れの剣岳を満喫。それから早月小屋まで少しヒヤヒヤしつつ、下る。夜、下界の花火大会の花火を見ようとするが、雲に映る光とかすかな音しか聞こえず残念。

8月9日(日)快晴 起床(4:00)―出発(5:30)―馬場島(9:50)
 下山。暑い。涼しい世界が懐かしい。矢内、香川は馬場島に残り、西村、江口、矢木はヒッチハイクをして、上市の温泉へと急ぐのであった。(江口)


TOP