山行名 屋久島縦走
入山山域 屋久島 淀川〜宮之浦岳〜楠川
山行日 1998年4月2日(木)〜4月5日(日)
メンバー L江口佐智子3 大崎美穂

行動記録

1998年4月2日(木)晴れ 宮之浦港(12:45)―屋久杉ランド(14:15)―登山口(14:45)
 時間ぎりぎりにフェリーに乗り込む。屋久杉ランドからは、タクシーに相乗りさせてもらい(無料で)、予想外に早く小屋に到着。富山県民は、まだ煮えていない米のことを「めっこ」と呼ぶ、ということを教えてもらった。

4月3日(金)快晴 起床(4:20)―出発(6:00)―花之江河(7:40)―宮之浦岳(10:30)―新高塚小屋(14:00)
 早く起床しすぎて、夜が明けておらず、またたく星を見る。空気が冷たい。空が白んでから出発。道には氷が日陰のところには張っていて、宮之浦岳につくまで肝を冷やす。しかし、霜をかぶった木々はとても美しく、霜柱もあり、1歩1歩が楽しい。頂上ではまさしく快晴で展望もよし。下る途中、飢えた人に食糧を分ける。一日一善。

4月4日(土)晴れ 起床(4:30)―出発(6:15)―ウィルソン株(9:00)―辻峠(11:25)―白谷山荘(12:00)
 トロッコ道は長くてけだるいが、朝日に映える宮之浦岳と翁岳はよろし。また新緑の緑、深い緑、そしてわずかながらにある桜は、よし。やけに甘ったるいレーションを食べつつ快調に進む。白谷山荘の隣にあるシャクナゲはもう咲いていた。

4月5日(日)晴れ 起床(4:20)―出発(5:50)―弥生杉(7:15)―宮之浦港(9:55)
 苔むした原生林歩道を歩く。二人とも無口過ぎたので、とりあえず、「もののけ姫」のテーマを歌う。三本足の杉を発見。ほくそ笑む。楠川へ行く登山道と、宮之浦行きの林道どちらへ行くか迷ったが、ヒッチハイクをしようと、林道へ向かう。しかし結局つかまらず、下山してしまい、温泉入って鹿児島に帰りましたとさ。おしまい。(江口)

感想 江口佐智子 農学部3年
 大崎さんががんばった。というより体力があった。霜の降りた白い屋久島を見て、また晴れ女のおかげで終始天気もよく、満足だ。いろいろな人とも話せたし。


TOP