山行名 屋久島宮之浦川遡行
入山山域 屋久島宮之浦川
山行日 1998年4月29日(水)〜5月4日(月)
メンバー CL東昭宏3 SL原田光一郎5 西村正也4

行動記録

1998年4月29日(水)晴れのち曇 鹿児島港(8:45)―宮之浦港(12:40)―林道(14:10)―モチゴヤ沢(17:00)
 大谷、矢木、天野の3名の見送りを受け、出発する。宮之浦からタクシーに乗ったが、連休の書き入れ時に林道の奥深くまで入ってもらえず、橋を渡ったところで下ろされる。ここから林道をひたすら歩いて、以前泊まった掘っ建て小屋にもぐりこむ。

4月30日(木)曇のち雨 起床(4:45)―出発(6:15)―潜水橋(7:10)―ビバーク(10:10)
 雨の予報が出ているが、朝起きても雨は降っていない。気が乗らないが出発する。入渓して簡単なゴーロをどんどん進んで、いざマンベー淵に入ろうとするところでガスが急に降りてきた。ゴルジュに入って大雨に降られたら大変なことになる。話し合った結果、今日はここで打ち切ることにする。右岸の樹林の中でビバークする。案の定、昼過ぎから大雨になった。タープ一枚のビバーク生活も焚き火ができれば、楽しいものだ。軽量化のため、酒を持ってこなかったのが寂しい。

5月1日(金)曇 起床(4:00)―出発(6:05)―第三巨石(6:45)―龍王滝(8:25)―取り付き(9:00)―F14(14:50)―ビバーク(M6沢出合)(15:50)
 曇っているが、雨は降りそうにないので出発する。第一巨石はいつのまにか通りすぎ、心の準備ができぬまま第三巨石についた。左壁に打ってあるハーケンを使って、これを越えた。ここには以前はなかった古いトラロープが残置してあった。これを越えると左に白糸の滝を見て、その先の滝を左岸から巻けば、眼前に竜王滝が現れる。竜王滝は、前回と同じ左岸のチムニーを登った。東のリードでチムニーを3ピッチ登り、西村が4ピッチ目をリードして上部の樹林帯に抜けた。荷揚げに時間を取られた。藪こぎで尾根を越え、枝沢に向かって藪の中を2回懸垂下降して、やっと竜王滝の上に出た。その先の20b滝は右岸の岩棚をトラバースしてこれを越え、一気に滝を3つ越えて意外とあっさりM6沢の出合についた。ここにいいビバークサイトがあったのでここにビバークした。

5月2日(土)雨 起床(4:45)―出発(6:20)―高巻き開始(7:20)―高巻き終了(龍王滝上部のゴルジュ)(11:45)―ビバーク(13:40)
 沢の中でも風が強く、嫌な天気である。10b2段の滝の巻きから始めるが、西村がルートを知っていて30分もかけず滝の上部に出る。この先にもでかい滝があるが、ここは前回は左岸を巻いて厳しかったので今回は右岸から巻く。ブッシュを手がかりに右岸の急斜面を登り、樹林帯をトラバースする。所々、スラブが出ているところがあってルートファインディングが難しい。枝沢が入る手前で懸垂下降して沢に戻ろうとしたがだめで、また登り返して枝沢を渡った。少し先にトラバースして懸垂下降2回(15m、35m)で沢に降り立った。この高巻きでもたついている間に強い雨が降ってきて沢が増水し始めた。これから沢通しに時々ショルダーとシュリンゲでの引き上げを使ってどんどん進んだ。降りしきる雨で増水がすさまじく、いつ鉄砲水がきてもおかしくない状態だったので怖くなって遡行を中断し左岸のスラブの下でビバークした。

5月3日(日)雨のち曇り 起床(3:00)―出発(7:15)―高巻き開始(7:40)―高巻き終了(上部ゴルジュ)(11:40)―遡行終了(13:30)―鹿之沢小屋(15:15)
 未明に屋久島上空を寒冷前線が通過した。午前2時半から約2時間、雷を伴って集中豪雨が僕らを襲った。そこら中で降った雨が寝床に流れ込んでくる。寝る場所の悪かった東と西村は座って朝が来るのをじっと待つ。夜が明けるころには雨はやんだので出発する。水量が多く、渡渉が少し怖い。左右から流れ込むルンゼが滝になって落ち込んでいる。意外と早く上部に達して最後の大高巻きに入る。ここは以前と同じく右岸から大高巻きする。ここの高巻きはヤクザサとシャクナゲが混じりハードだったが、どんどん藪をこいで進んでいった。上部ゴルジュの滝を6つ一気に巻いて懸垂下降3回で沢に降り立ち、その上の滝を2つ、右岸から巻くとそこから先は源流帯になった。今まで険悪な沢だったのが嘘のようにナメラの美しい河床が広がる。天気もよくなって右にネマチが見える。永田岳と宮之浦岳の鞍部に出る沢を登ると久しぶりに人間が見えて登山道に辿りついた。記念写真を撮って登山道を急いだ。永田岳直下で縦走隊とばったり会った。鹿之沢小屋で縦走隊のうまい飯を分けてもらった。

5月4日(月)晴れ 起床(4:20)―出発(6:10)―桃平(7:10)―姥ヶ岩屋(8:15)―岳の辻(9:45)―水呑沢(11:55)―永田林道(14:15)―永田(15:30)
 縦走隊と一緒に永田歩道を下った。総勢10名、こんなに大勢で行動するのは初めてで休憩のたびに長話をしてだらだら下った。でも楽しかった。沢でレーションが水浸しになったので縦走隊からレーションを略奪した。そして下山したあと、永田で飲んだビールはうまかった。久しぶりのアルコールに体がびっくりしてたった2杯で酔っ払ってしまった。夜は永田の広場で打ち上げ。とても充実した楽しい合宿だった。(西村)


反省

  • 今回の山行で最大の反省点はザイル操作の遅さである。普通にスタッカットで登るとき、荷揚げするときそして懸垂下降するときすべてにわたってザイル操作が遅かった。特に最後の巻きで懸垂下降するときにザイルをセットする時間を計ったらセットするだけで40分もかかっていた。4年生2人かかりでセットするのに40分もかかり、ザイルを投げないで懸垂下降したことないので最初に降りるのを代わってくれといわれて最初に降りたら要領が悪いので10bも降りないうちにザイルが絡んでしまった。ザイル操作の要領の悪さに唖然とするとともに悲しくなった。岩登りは生まれつきのセンスがいるかもしれないが、ザイル操作など訓練でいくらでもうまくなる。ザイル操作のスピードアップは最大の課題といえよう。
  • 5月2日のビバーク地は大雨が降ると水が集まる場所だった。そのため未明の大雨で水が流れてきてひどい目にあった。ビバークするときは地面の草の状態など細かいこともよく観察しよう。
  • 重くても酒はあったほうが楽しい。
  • タープはかなり使えた。タープの下で焚き火をすれば少々の雨でも楽しいビバーク生活が楽しめる。
  • 4月30日に雨が降りそうになって行動を打ちきったのは正解だった。雨の降るなか竜王滝を巻くのは考えただけでも恐ろしい。
  • 懸垂下降を使いすぎた。前回の遡行時は、3回しか使わなかった懸垂下降だったが、今回は6回も使ってしまった。最後には捨て縄用のシュリンゲも不足してしまうほどだった。ルートファインディングが悪く無駄に懸垂下降してしまったことと高巻きの下りは困ったときの懸垂下降頼みとばかりに懸垂下降を使ってしまった。もっと気張って懸垂下降を使わずに下ってもよかったと思う。(西村)



感想
CL東昭宏 教育学部4年
 一年半前、私がまだ鹿大生じゃないころ、屋久島の小屋帳に鹿大山岳部が宮之浦川遡行記録を書いてあるのを見て鹿大に入ったら山岳部に入ろうと心に決めた。今回、宮之浦川を遡れたことが本当にうれしく、とても感激している。宮之浦川くらい大きな沢だと体力、知識、技術はもちろん時間や信頼できる仲間がいないと登れない。今回は本当に2人に感謝している。リーダーでありながらリーダーらしいことは何もできなかったが、心から信じられる人たちだったのでこれでよかったのかなと思っている。まだまだやれる。今ならもっと登れると思った。

SL原田光一郎 教育学部4年
 「明日から宮之浦って信じられないっすよー」と東君と出発前日の会話を思い出す。東君を筆頭に、僕にとっても、また二度目の遡行となった西村にとっても宮之浦川を制覇することは夢であったと思う。晴れてくれとの願いもむなしく、悪夢のような大雨の中、寒さと怖さを乗り越え、今こうして無事に生きていることに、そして西村と東君に感謝したい。竜王滝も容赦なく襲いくる大滝も確かに凄かったが、最後の大滝を終えると突然広がった宮之浦川の源流帯の美しさと、焼野と永田岳の鞍部で久々に人に会ったときのうれしさが一番の感動であったように思う。沢登り万歳!鹿大山岳部万歳!

西村正也 農学部4年
 今回で二回目の宮之浦川遡行になった。宮之浦川を一度行くだけでも相当な沢気違いなのに、それを二回もやるとは私も気が狂ってきたかなと思った。宮之浦川を二度行った人などそうたくさんいないだろうから、多分21歳での二度目の宮之浦川遡行は最年少記録ではないかと思う。今回は天気が悪く、途中で大雨に遭い人生二度目の雨で寝られず座って朝がくるのを待つという経験をした。沢自体は、核心部の竜王滝の巻きのリードを東君にやってもらったので怖いともなんとも感じなかった。ただ荷揚げや懸垂下降でのザイル操作の遅さに多少イライラしてしまった。リードをすべて東君に任せてしまったので彼に負担をかけすぎたという反省とリードできなかったことで少し納得できない点を残してしまった。3度目のチャンスが到来したら、次こそリードしてやろうと思う。何はともあれ天気の悪い中の沢登り、お疲れ様でした。


TOP