山行名 屋久島縦走
入山山域 屋久島 淀川〜花之江河〜宮之浦岳〜永田岳〜永田
山行日 1998年5月2日(土)〜5月5日(火)
メンバー CL矢内英之3 SL天野稔3 大谷詔4 鈴木太郎4 村岡千恵子4 矢木定光1 香川浩士1

行動記録

1998年5月2日(土)曇のち雷雨 鹿児島港(8:45)―宮之浦港(13:00)―紀元杉(15:00)―登山道入り口(16:00)
 Mさんの大遅刻で危うくフェリーに乗り遅れそうになったが、なんとか出発する。船内で山口の人たちにビールや野菜などの差し入れをいただく。気前のいい人もいるもんだ。宮之浦港について、屋久杉ランド行きのバスに乗り込む。天気が大雨であったせいか、紀元杉のところまでバスが行ってくれた。雨の中、30分ほど歩いて登山道入口着。豪雨の中テントを張る。雷雨が激しかった。

5月3日(日)雨のち曇 起床(3:30)―出発(6:00)―淀川小屋(6:45)―花之江河(8:35)―宮之浦岳(11:30)―永田岳(13:40)―鹿之沢小屋(15:15)
 朝、雨の中を出発。順調に進む。花之江河で鹿の白骨化したものを見る。途中で松本さんたちの隊とすれ違う。宮之浦岳への登りの途中、転んで目の上を負傷した登山者がおり、その治療に矢内さんが協力する。さすがだと感じる。宮之浦岳登頂後、永田岳へ。このころには天気も回復して、少し青空も見え始める。永田岳からの展望は最高だった。そこから鹿之沢小屋に下る途中、西村、原田光一郎、東の宮之浦川部隊と合流する。合計10名の大所帯で小屋に下った。(香川)

5月4日(月)曇 起床(4:00)―鹿之沢小屋発(6:05)―姥ヶ岩屋(8:15)―竹の辻(9:48)―ミズトリ沢(11:55)―見返り峠(13:15)―永田(15:30)
 永田を目指して下っていく。最初に休憩した岩の上で見た景色は素晴らしかった。下るにつれコケが目立ってきた。本当に「もののけ姫」の世界を見ているようだった。見返り峠で休憩してレーションを食べていると西村さんがヒルを見つけて騒いでいた。林道の終点付近でくつろいでいると素肌にヒルが。ヒルにひるむな!永田のバス乗り場で乾杯。みんなほろ酔い気分で近くの公園に。最後の夜は酒が登場。みんなのいつもと違う人柄がよかったね。

5月5日(火)曇時々小雨 朝食(7:30)―バス永田橋発(9:12)―宮之浦港(13:30)―鹿児島港(17:50)
バス発車にあわせて朝の準備をする。ゆっくり起きて朝食。結構暇だったのでバスの時間を1本早める。車内から見た海はちょっとグリーンで感動した。港についてから各自昼食をとる。金がなくひもじい思い。やはり金がないと生きていけないのか?船の中でみんなそれぞれ寝る。やはり疲れた。港に着いて、原田聖さん、江口さんの出迎え。その後焼肉食べ放題。むちゃくちゃうまい。食い尽くす。みんなお疲れ様でした。(矢木)

CL矢内英之 農学部3年
 準備が不十分で出発前も後もバタバタした。たくさん反省があった。景色を楽しむ余裕もあまりなかった。永田岳と障子尾根はよかったなあ。文章を書くのはとても苦手。

SL天野稔 水産学部3年
 今回の山行は雨が多かったけど楽しかったですね。また行こうね屋久島。

鈴木太郎 農学部4年
 合宿でよかったこと。
 永田岳から見える景色がカッコよかった。ゴツゴツしてる。ありゃよかった。これから九州本土を楽しもう。

村岡千恵子 法文学部4年
 今回は、石塚小屋組と途中までいっしょだったりすれ違ったり。沢組と合流できたりのお楽しみもあったし、香川君も矢木君もとても元気で新歓らしさばっちりで、よかった。
 とうとう4年になっちまって、ああ卒業か。なんかさびしいや。山岳部員に出会えてよかった。なんてセンチメンタルぽく思うこともあるが、何を言うかまだまだ5月!そんなことはいっとられん。学科の方とかもがんばりたいし、今年は近郊の山とか、その他いろいろ行ってみたい、行こう、と思います。出不精の傾向あり。という噂もあるけど、みんないろいろ楽しみたいです。

大谷詔 教育M1年
 屋久島は今回で3度目である。過去2回の総決算として今回の山行に臨んだが、予定通りにこなせたと思う。今度の山行は永田岳でばてたが、永田歩道は一昨年皆さんにお世話になった記憶しかなかったが、今回は同じ道を再び通って思ったことはかなり楽しいところなんだなあということである。どのように楽しかったかというと、まず適度な上り下りであったということ。周囲の景色がきれいに見えたこと。などでしょうか。これ以上書くとなんだかポイントがずれそうになりますので最後に一言述べて終わりにしよう。皆さんお疲れ様でした。

香川浩士 教育学部1年
 今回、初めて山岳部としての山行を経験しました。自分から地図を見てコンパスを見たりはまったくせず、先輩たちについていっただけでしたが、一番辛かったのは朝早く起きることでした。一番印象に残ったのは、一瞬の晴れ間を見せた永田岳の頂上の眺めと、鹿之沢小屋からの下りの途中にあった第1展望台からの原生林と青空でした。生まれて初めてヒルも見たし、山を降りてからはアイガモ農法も見れました。僕も家の周囲の1000bちょっとの山はよく登っていましたが、新鮮に感じたのは、先輩方がカメラを出して頻繁に写真をとったり、絵を描いたり、山を楽しんでいるというか、楽しみ方を知っているなあということでした。しかし、僕はあの苔むした屋久島の原生林を、もっと足を止めて「感じたい」、いろんなことを考えてみたいとも思いました。
 しかし今は、先輩方にいろんな事を教えてもらい、体力をつけ、山岳部員としての早くさまになるようになりたいと思っています。先輩方、僕たちを連れていっていただきありがとうございました。

矢木定光 理学部1年
 山岳部に入ったのは、「屋久島に登らんか」と勧誘されたのがきっかけでした。山岳部と聞いてなんか地味な感じがしたけど屋久島に行けるというのが楽しみでした。山のことは何も知らず、持っていく荷物なんかもすべて用意してもらったけど、あれはムチャ重かったです。天気も悪く宮之浦岳の山頂についてもほとんど見えませんでした。でも永田岳の山頂ではちょうど晴れてきて、あの景色はすごかったです。ザックをおろし、飛べそうな気がして、また谷に吸い込まれそうで極端な話、鳥になったような気分。吹き付けてくる風も心地よく雲が下に見え、山に登らないと味わえない体験ができました。いつかニュースで見たことで、命を落とす危険があるのに山に登る登山家にその理由を聞いてみると「山があるから登るんだ」という答えが返ってきたのです。あの時、正直あほかと思いましたが、山に魅せられた一人の人間として、僕も今では理解できるようね気がします。そして僕よりもずっとずっと山にとりつかれた先輩たちと食べた飯はどんな料理よりもうまく、そして下り終わってから乾杯したビールもムチャうまかった。これからおれも山にとりつかれましょう。


TOP