山行名 屋久島障子岳岩登り報告
入山山域 屋久島障子岳
山行日 1999年4月29日(木)〜5月5日(水)
メンバー L米沢弘夫(鹿児島大学山岳部部長)都野展子(長崎大学)
西村正也(鹿児島大学山岳部主将)

行動記録

目的 障子岳に新しく現れた新スラブに美しいロングルートを開拓する。
1999年4月29日(木) 快晴
 鹿児島港からフェリーで出発する。見送りに矢内、久保の二名がきてくれた。もったいないくらいの晴天の中、宮之浦港に降り立った。実は都野さんと対面するのは初めてなのだ。私は大岩壁の登攀をするくらいだから米沢先生と都野さんとは面識があるものと決め付けていた。Eメールと電話で数回話したことがあるだけらしい。港で都野さんを探すが、米沢先生熱烈歓迎のプラカードですぐにわかる。都野さんの車で永田の林道終点まで入る。障子岳の白い壁が見えた。永田川沿いの踏み跡を辿るが、すぐに見失いそのままフルボッカの藪こぎに突入する。今日は尾上沢出合にビバークする。夜遅くまで焚き火を囲んで語り合った。

4月30日(金) 快晴
 下の岩屋までのボッカをする。天気もよくヒルもいなくて快適だ。私はボッカ要員なのでボルト100本担いで登る。下タカヨケ沢出合まで左岸を通り、一度右岸へ渡渉して坪切沢を越えて再び左岸へ渡る。ここまでの道は米沢先生が熟知していて迷うことはなかった。踏み跡は永田川の段丘上にあり沢を行くより楽だ。4時間程度で下の岩屋に到着したので岩場の偵察に出る。まず障子岳の北壁の偵察をするために障子谷を上がる。しかし狙った岩場はなく、西側に回りこむように偵察をする。巨大な岩の迷路が広がっており、抜けるのに苦労する。頭上に白い壁が見えたときは胸が高鳴った。壁の下は崩落した土砂や木が堆積している。そして壁はとても広い。一通り偵察を終えて、試登してみる。米沢先生がトップで登っていく。グレードは5.6程度だがノーピンは怖そうだ。所々ブッシュに助けられながらも4ピッチ登る。5ピッチ目が前半の核心でここにはボルトを2本打つ。5.9程度で傾斜がきつい。5ピッチ終了点の安定したテラスにデポをして1ピッチ目と5ピッチ目にはフィクスロープを張っておく。5回連続の懸垂下降で一気に下る。永田川沿いを下りて下の岩屋に帰る。

5月1日(土) 快晴
 夜明けとともに出発する。昨日試登した部分は快調に飛ばす。でも5ピッチ目の核心は少してこずった。6ピッチ目以降は昨日同様、ボルトを打ちながらの登攀になる。6ピッチの終了点で都野さんがヘルメットを落とす。8ピッチ目で大きく右にトラバースしてそこから2ピッチで下部のスラブが終わる。一度30mほど藪に入りさらに上部の壁を登る。だんだん藪が多くなっていく。そして13ピッチ目でピークに飛び出した。しかし、眼前にはコルを挟んで傾斜のさらに強い壁があるが、どう考えてもボルト連打になりそうなのでここで登攀終了とする。米沢先生は多少不満顔だが私は何かに開放されたような感じだった。ここから懸垂下降で一気に取り付きを目指す。登ったルートではなく直線的に下降ラインをとったら5ピッチ目のテラスに着いた。そこからは登ったルートを下る。降り立ったら、タイムリミットの午後6時になっていた。永田川の河原に降りてビバークする。岩壁のテラスでビバークすることを考えると河原のビバークは極楽だった。でも鉄のコッフェルがなく、ビバーク食がお菓子しかなくて腹が減った。夜は少し寝ては焚き火で温まりながらまた寝るという感じだった。

5月2日(日) 快晴
疲れはピークに達していた。でも岩場の偵察をする。まず障子岳の南西壁のほうへ行く。白いスラブ西野ルートの取り付きまで行った。下部ルンゼや中段スラブを米沢先生に教えてもらう。私は永田の源流に2回来ているが、白いスラブを昨日登った所だと勘違いしていた。1993年の台風で大分様子が変わったらしい。南のほうには可能性がないということがわかり、今度は北のほうも調べてみる。藪を分けて小高いピークに立つも障子岳の全容はわからなかった。疲れたので下の岩屋に帰ることにする。永田川沿いの崩落地から障子岳のスラブがきれいに見えた。我々の登ったルートは大きな障子岳のほんの一部分しか登っていないことがわかる。とりあえずベースについたら飲むことにする。米沢先生は2年以上も続いた飲酒記録が昨日途絶えたと悔しがる。昼から飲んで寝た。久々の屋久島の快晴沈澱はとても幸せな気分にさせてくれた。

5月3日(月) 快晴
 米沢先生はまだ障子岳の北壁に未練があるようで再び障子谷の偵察に出る。沢伝いに障子谷を詰めるものの岩壁はなく壁を求めて下から二番目のルンゼに入る。沢登りというよりルンゼの登攀になる。5ピッチくらいボルトを打ちながら進んだが、壁がないことがあきらかになった。が、さらに上まで詰めようということになる。ここからは米沢先生のボルト打ちの独壇場。核心部分でボルト6連打したりしていた。よく2時間もアブミに乗っかってボルトを打つなあと感心しながら見ていた。ボルトを打つのに時間がかかってしまったため7ピッチ登って引き返す。天気もよくやりたいことはやり終えたので明日下山ということで酒など食い減らしにかかる。

5月4日(火) 雨強し
 起きる直前に雨が降り出す。とうとう降ってきたかと思うが、今まで天気がよすぎて気持ち悪かったので少し安心した。下の岩屋から下タカヨケ沢までは何事もなく順調に進んだ。でも一五郎沢を米沢先生がミズトリ沢と勘違いしたため悲劇が起こった。沢を高巻きすぎて急傾斜の場所で四苦八苦することになった。そして雨はさらに強くなり沢も増水してきた。さらに下トリゴエ沢をミズトリ沢と勘違いしてしまった。下トリゴエ沢に懸垂下降して下るにも増水で沢に降り立てず、上に追いやられてしまう。永田歩道を目指して尾根を上がり始めたが上へ行けども行けども道はなくとうとうビバークになってしまった。とても寒い夜だった。

5月5日(水) 晴れ
 天気が回復して道が探しやすくなった。でも永田歩道は見当たらず、結局沢を下ることにする。途中にゴルジュと滝がありまたも上に追いやられる。永田の町が見える位置まで来ているのに降りられないのが悔しくてたまらない。上へ上がったり下へ行ったり迷いに迷った挙句、リーダー命令で沢を下ることになった。沢をワラジなしの地下足袋で下るのはとても怖い。岩はオイルを塗ったようにつるつる滑る。下トリゴエ沢に下るのに2回懸垂下降をした。下トリゴエ沢出合で昼食を取ったら、元気が出てきた。そして、このときミズトリ沢と思っていた沢が下トリゴエ沢だということがわかった。最後のゴルジュもなんとかお尻で滑りながら降りることができた。永田川の本流まで1日かけて下トリゴエ沢を一周したことになる。あまりにも無駄な苦労をしすぎた。最後はまた踏み跡が不明瞭で苦労した。米沢先生がとても疲れていて座り込んでしまうことが多くなって日没までに着くかどうか不安になったころ林道の終点に辿りついた。宮之浦の太田五雄さんのお宅に泊めてもらった。(西村)

個人反省 西村正也 農学部4年
 1年生と楽しく屋久島の縦走でもしようと思って米沢先生のところに計画案を説明しに行ったのが、事の始まりだった。障子岳の新しい壁をやらないかと誘われた。気づいたら永田の谷をボルト100本背負って歩いている自分がいた。
 久しぶりにドキドキする山行だった。自分の力不足で一度もリードはしなかったが、誰も登ったことのない壁を登るのはすごく面白いことだった。そして13ピッチ登ってそれ以上進めないことがわかったときは正直言って少し安心した。大きな岩壁は岩登りの技術より精神力のほうが大切だと感じた。
 下山時に大雨にあって判断を間違えて永田の下トリゴエ沢で丸1日迷った。現在地がまったくわからず苦労した。いつ何時でも冷静さと物事を客観的に判断することが大切である。希望的観測に基づいた判断は山においては役に立たない。そういうことを思い知らされた。
 今回の屋久島では米沢先生や都野さんに学ぶことが多く、まだまだ勉強すべきことが多いと感じた。まだ5年くらいのキャリアでは下級生に教える資格はないのかなとも思った。山の世界は奥が深い。永田の沢も奥が深い。まだ努力して勉強しようと思います。


TOP