山行名 屋久島縦走
入山山域 屋久島 花山歩道〜永田岳〜宮之浦岳〜淀川
山行日 1999年10月14日(木)〜10月17日(日)
メンバー L香川浩士2 上津彩葉(生物研究会1年)

行動記録

 今回の山行は、ピータン(サークル棟横で飼っているニワトリ♀の名前)小屋の前で、このピータンをこよなく愛し、かつ一番よく話をしている上津彩葉嬢と行こう行こうと言っていて、実際に行ったものである。部活動としてではなく個人山行扱いだったので、計画書は簡単なものを米沢先生に出し、後は屋久島警察署に一般の書式で出しました。大変楽しいものでありました。以下はその記録です。(香川)

1999年10月14日(木)晴れのち快晴 宮之浦港発(13:00)―大川の滝(14:45)―大川の滝発(15:45)―花山歩道入口(17:30)―就寝(20:30)
 朝、教育実習のレポートを太田さん宅で書き上げ、港へ。彩葉嬢と合流し、いざ大川の滝へ。花山歩道へ向かう林道、5月も通ったが、つい気負ってオーバーペース気味になってしまう。夜は満天の星空の下、焚き火。ディナーはキムチ鍋でごわした。

10月15日(金)快晴 起床(6:00)―出発(7:00)―鹿之沢小屋(15:30)―就寝(21:00)
 朝、出発して30分で香川、下痢。カッコ悪いこと限りなし。ヒル君も少し出てきた。花山歩道はピンク色のテープがたくさんあって「迷いようがない」ほどである。スバラシキ自然にスバラシイ天気。香川、興奮して木に登りまくる。休憩なんぞ25分くらいとって、それでも15時30分頃には鹿之沢小屋へ。

10月16日(土)ガスのち晴れ 起床(7:30)―出発(9:00)―永田岳へ15分の地点(10:00)―永田岳(11:30)―永田岳発(13:00)―宮之浦岳(15:00)―宮之浦岳発(16:00)―花之江河(18:15)―就寝(20:30)
 昨夜から雨が降っていたようだが朝にはやむ。永田岳に向かう途中、登山道脇に不信なザックあり。ザックカバーには雨水が溜まっている。「遭難者かもしれない…!?」そして警察へ無線連絡する。、この日は西村さんに6日ほど前に教えてもらった花之江河の大岩裏のスペースに幕営する。

10月17日(日)曇 起床(8:00)―出発(12:00)―安房林道(15:30)
 きのうの無線連絡の精神的な疲れからか、朝起きてもだらだらする。時間的にも、屋久杉ランド方向へ。この日は下山してからが面白かった。屋久島の山道を通って32年、屋久島タクシー業界の生き字引にして大音量で話をする岩川一也さん。大阪から喋り捲るばあちゃんたちのタクシーに相乗りさせてもらって、会話の大激戦の中、僕らは安房に下ったのであった。安房のバス停にいたら、普通車が止まって、宮之浦まで乗せていってくれました。安房の新田さんでした。(香川)


TOP