屋久島モッチョム岳・愛子岳

CL長瀬万里2 SL野口みほ子1 藤尾紀子1
12月28日(水) 曇雨 
部室出発(7:30)−フェリー出発(8:45)−宮之浦港着(12:30)−宮之浦港出発(13:50)−原、神山小学校前着(14:40)−モッチョム岳登山口着(15:40)−就寝(22:30)
 宮之浦港から原まで安房小学校の先生に乗せていただいた。途中、松峯大橋という絶景の所までガイドしていただいたり、非常に感激した。神山小から千尋の滝までの林道は長くてきつかった。テント場は眺めもよく、居心地がよかった。
12月29日(木) 晴れ時々曇 
起床(5:20)−出発(7:15)−1回目の休憩(8:10)−万代杉(13:00)−モッチョム太郎−(9:10)−神山展望台(9:53)−モッチョム岳(10:40)−出発(11:20)−万代杉(13:00)−モッチョム岳登山口(14:00)−就寝(21:00)
 モッチョム岳は思っていたよりも登りやすかった。万代杉は近くで素晴らしい姿を拝めた。頂上付近は急登が少しあったが、楽しい。4〜5mの岩を登って登頂。頂上からの眺めは絶景。この日も登山口の展望台で寝る。(長瀬)
12月30日(木) 曇りのち雨 
起床(7:47)−展望所出発(10:15)−尾之間温泉着(11:20)−バス出発(尾之間から)(14:11)−バス到着(小瀬田まで)(15:10)−出発(15:15)−愛子岳登山口着(15:58)
 今日は朝から昨日の予想通り雨が降りそうな天気だった。何もすることなく沈するのは少々気がひけるため遠く離れた尾之間温泉まで歩いていくことになった。予想通り雨が降ってきたが、香川さんからの差し入れのスパゲティを雨の中食す。温泉では番頭さんがいなかったので無銭を考えたが、他二人のリンス、シャンプー、石鹸購入のため、夢破れたり。行動の遅い私は早めに温泉を出て、そこのペットのハムスターと戯れる。バスに乗って小瀬田へ。土砂降りの中16時に天気図を書くため急いで登山口へ。15時58分に登山口に着き皆がまだテントを立てないうちに中に入って天気図を書き始める。雨で紙がボロボロ。書き直す羽目になった。その間外では二人でせっせと働いていた。
12月31日(金) 曇 
起床(7:00)−出発(9:05)−休憩(9:55)−出発(10:55)−出発(11:05)−水場着(11:50)−出発(12:20)−愛子岳山頂着(13:30)−ビバークポイント着(14:35)
 愛子岳は急登のオンパレードでムカつく。しかも荷物が重い。バテる、ダレる。霧で服はびしょ濡れで、しかも山頂はガスっていた。テント場まで引き返し、水場でたっぷりと水を汲んでいたため、リッチな食事。私の持ってきたぜんざいセットをつくって食し、その後は年越しそばも食す。霧でびしょ濡れになった服を乾かす間、私はパンツ一丁の会を創設。皆の視線が冷たい。愛子岳は真冬にもかかわらず暖かい、むしろ暑いくらいだったので、快適に過ごした。しかも、夢うつつでラジオによる紅白の実況中継を聞く。眠いよォー。(野口)
1月1日(土) 曇 
起床(4:00)−出発(6:00)−愛子岳山頂(6:37)−愛子岳発(7:30)−登山口着(10:00)−小瀬田バス停(12:02)−フェリー発(13:20)−鹿児島着
 紅白をラジオで聞きつつ、寝てしまっていて2000年の瞬間を逃す。残念。三岳をおとそがわりに飲み、出発の準備をしていると、ガイドさん付の団体さんが通っていったので便乗する。第1の岩場を過ぎてから団体さんと別れて3人で登り始めるが、ヘッドランプのみで岩場を行くのは恐ろしかった。なんとか一番乗りで山頂へ着く。ガスが出ていて初日の出は拝めずだったが、時々見えた空と森が素晴らしかった。のぐっさんと二人スッ転び病にとりつかれつつ下山する。万里先輩の下りは美しく早かった。
 鹿児島に着くと、自宅からでも初日の出は見られたことを知り、ちょこっと悔しかった。(藤尾)

個人雑感
法文学部1年 野口みほ子
 今回は初の女だけで行った冬山山行だったのだが、やはり同性だけで行くと、異性がいるとできないことがたくさんできた。反面、緊張感と大きな疲労感というものがない。しかし、自分なりに楽しかった。
 いつもフェリーの出発の時に、遅刻してしまう私だが、今回はじめて時間に間に合った。ひとえにしっかりとした2人がついてくれていたからだと思う。このことは4泊5日すべてを通して言えると思う。感謝したいが、2人で私をいじめてくれたお礼は、たっぷりと返します。とにかく楽しかった。そしてある意味疲れた。そしてこの疲れは、愛子岳山頂で絶景が見えるときにやっととれることであろう。そして今回の流行語大賞。最高ですか?最高でーす。まる、まる、まる、まる、まる。
 
法文学部2年 長瀬万里
 今回の合宿は、実に楽しかった。なぜなら女3人だけだったからだ。なんでも相談できたし、経験不足の私を1年生2人が多くの面で助けてくれた。本当にうれしかった。ただ、3人だけだったため、甘えてしまった部分もあったが、私は全体を通して大満足だった。
 私個人としては、完璧な合宿だったと思う。

法文学部1年 藤尾紀子
 少人数だった山行だったので、なんとかのんびりと山を楽しめたと思う。モッチョム岳頂上の景色に感動して、計画変更で大休止など自由にできたことがよかった。1日沈してしまった他はスムーズに計画をこなすことができたので全体としては成功だったと思う。自分としては下りがヘタすぎ。転びすぎ。神速かつゆるぎない下りが2000年の目標。そして、愛子岳からの予想される次こそ見たいなぁ。