永田岳北尾根報告
松本俊介4 矢内英之4

3月26日(日) 快晴 
部室集合(7:30)−部室出発(8:05)−宮之浦港(12:30)−宮之浦林道(14:30)−モチゴヤ出合(16:15)−ナカオ沢右俣と林道の交差点(17:50)
 早くに集合したのになぜかタクシー?宮之浦港で女子部員と西村さんに再会。太田氏宅でアドバイスを受け西村さんに林道途中まで送ってもらう。さらにさばぶしとビールと飛魚もいただく。かなり美味しかった。ありがとうございました。ナカオ沢までは林道が新しくできており間違って右のほうに行ってしまう。正解は左。

3月27日(月) 快晴 
起床(6:00)−出発(7:40)−坪切岳から1つ目のピーク(13:21)−3つ目のピーク(14:02)−1442mピーク(14:43)−大障子から2つ手前のピーク(16:15)コル(16:35)
 いきなりどんどん高度をかせぐ。泳ぐようなことはないが60m連瀑を直登したらビショ濡れになった。ここはショルダー2回で切り抜ける。坪切岳頂上がどこか分からなかったがコンパスを頼りに行くと偶然三角点に出会う。木に登ってこれからの行程を見る。ピークを踏みしめるたびに絶景が…。1441mピークは永田側の急な沢筋を下り左にトラバースしコルに降り立つ。今日、障子岳を越えようと思ったが自信がないので大障子間近のコルにビバーク。快適だが宮之浦側の方が風はなくもっと快適。水場はない。

3月28日(火) 霰 沈殿
 沈殿。視界2m。ニコチンが切れる。永田川からの風は強いが樹林の中なので気にならず。夕食は節水のためパン一切れ。

3月29日(水) 霰 
起床(5:30)−出発(7:40)−障子岳(8:40)−イ谷のコル(10:00)−x峰(10:40)−ハ谷のコル(12:20)−マチのコル手前(16:30)
 朝はパン2切れ。視界はまれに次の岩峰が見える程度だが出発。障子岳までは問題なし。いくら顕著な尾根といっても視界が悪すぎ。どの斜面も同じに見える。永田川から吹く風とコンパスだけを頼りに進む。イ谷を少し降り水をくむ。x峰らしきところは宮之浦側から鹿道を頼りに進み、スラブにところどころ生えているヤクザサや木を頼りに直上し、ひさしのついた岩を右にまき、コルに向かってアップザイレン。ザイルフォールしたら風にすっ飛ばされて木にからまる。まあいいやということで下りるが宙吊りになったがなんとか脱出。チョンボはいかん。[峰あたりからヤクザサくらいしかなくこの天気の中いいビバーク地がなくなった。ネマチのコルへは視界が悪すぎるので岩陰にてヤクザサをベッドにビバーク。

3月30日(木) 快晴 
起床(4:30)−出発(5:40)−ネマチのコル(5:50)−永田岳(10:30)−鹿之沢小屋(12:20)
 今日のような日に北尾根の核心部に行きたかった。あたりは一面真っ白。エビノシッポもみられる。水節約のために朝はココアのみ。ネマチはトラバースしていくが、だんだん下に下がっていく。スラブにはりついた氷に足を滑らせ矢内は5m程滑落。イテーッ!鹿之沢小屋では昼寝を楽しむ。

3月31日(金) 晴れ 
起床(4:15)−出発(5:35)−丘の辻(8:15)−水鳥沢(10:10)−林道(10:40)
 タバコをすいたいとの思いを胸に下る。

雑感
矢内英之 農学部5年
 久々の楽しい山行きだった。障子のスラブを見てこれは登らんといかんと思った。岩壁を見るだけでわくわくする。29日は視界が悪く残念だったが高度感はなく高い所が苦手の僕にはよかったかもしれない。ガスの中からたまに見える鋭鋒、エビノシッポ、霰、ふかふかのヤクザサベッド、すべてが僕を満たしてくれた山行だった。

松本俊介 農学部4年
 最高でした。(代筆・矢内)足を傷めての山行はキツカッタ。でも障子尾根は最高。ビバークも二人楽しく語ってすごした。(本人)