伯耆大山

立ち尽くす野口さん 大神山神社で微笑む
三穂野先生
元谷小屋へ急ぐ 雪訓を終えてくつろぐ 樹氷の森 もやに霞む大山
元谷小屋2Fにて 八合尾根取り付き 帰ってきた野口さん 激旨ココア ビバークツェルト撤収 大山に別れをつげる
元谷小屋 弥山頂稜
伯耆大山

CL三穂野善則(CCK鹿児島黒稜会) SL藤山明彦(黒) 田中雄二(黒) 山下一恵(
黒) 永山里美(黒) 永谷常和(黒) 野口みほ子2 中馬佳子1

2月9日(金)
鹿大出発(19:00)―桜島I.C.集合(20:00)のち、車2台で九州道を北上する

2月10日(土) 曇り
大山寺駐車場着(9:00)―駐車場発(10:00)―金門(10:40)―元谷小屋着(12:00)―雪訓はじめ(13:00)―元谷小屋着(17:00)―就寝(20:00)
朝早く蒜山高原で朝食をとる。高速をおりてスキー場のほうに向かう途中で雪道になり、チェーンをつける。駐車場で共装をわけて元谷小屋までボッカする。野口さんと中馬のックの大きさが目立つ。金門を過ぎたあたりから雪が降り始め、もやにまかれる。元谷小屋の位置がわからず通り過ぎてしまった。やっとたどり着いた小屋はやたら臭かった。元谷小屋から少し登ったところで雪訓をする。チェストハーネスを使うスタンディングアックスビレーとコンティニアスのやり方をならった。ワカン歩行の訓練をしながら撤収するブッシュに樹氷がついてすごくきれいだった。元谷小屋の二階に陣どって二人ずつの食事班に分かれる。雪を溶かして水を作り,野口さんと親子丼をつくって食べた。


2月11日(日) 曇り
 起床(4:00)―元谷小屋発(7:00)―八合尾根取り付き(8:30)―下山開始(16:15)―取り付きに皆がそろう(19:10)―BP着(20:10)―夕食(22:00過ぎ)―就寝(1:00)
余分な装備を小屋にデポし、出発する。天気は曇りだが八合尾根取り付きで二人ずつのパーティーに分かれ、ザイルを組む。雪壁登攀を始める。いきなり急な登りである。11ピッチくらいでナイフリッジ手前まで行く。(16:00)ナイフリッジからは雪が少なく、皆の力量的に無理。との判断が下され、下山開始する。途中からもやの中をヘッドランプを点けての下山となる。暗くて見えない分恐怖心にかられずに助かった。BPに着き、やっとのことで整地してツェルトを張る。食欲なかったが、カレーと練りチョコのようなココアは旨かった。

2月12日(月) 快晴
 起床(7:00)―BP発(8:45)―元谷小屋発(9:30)―駐車場着(10:30)―駐車場発(11:00)―鹿児島着(23:00)
昨夜野口さんと話が弾んでしまい、寝坊。昨日頂上に立てなかったので、夏道から弥山頂上に行こうという話があったのだが、下山モードになり、中止。BP撤収がおそく、しかも中馬のパッキングがおくれて黒稜会メンバーにおいていかれる。元谷小屋にもどりデポしてた荷物を回収する。快晴。八合尾根や弥山、別山の頂稜、行く手をはばんだナイフリッジがくっきりとみえた。

雑感
法文学部 経済情報学科2年 野口みほ子
 初日、えらく歩荷量が多かった。雪稜登攀自体、技術的にも体力的にもそこまで一杯ではなかったが、ザイル操作でてこずった。今回は余裕のある山行だった。お世話になった三穂野先生、黒稜会の皆さん有難うございました。そして中馬さん、オツ。

中馬佳子 歯学部歯学科1年
 初めての雪山で緊張しました。パッキングやザイル裁き、いろんな作業がすべて遅く、ザイルパートナーの三穂野先生や生活班の野口さん、パーティー全体にの足を引っ張ってしまいました。行きたいという気持ちだけがからまわりしていました。来年はぜひ冬山本隊に参加したいです。そのためにやらなければいけないことがたくさんあることがわかりました。初心者の私を隊に加えてくださった三穂野先生、黒稜会の皆さんありがとうございました。野口さん、私がやるべきだった準備まですべてしてもらってすみませんでした。ありがとうございました。