山行名 2000年度新歓合宿報告
入山山域 屋久島花山歩道よりヤクスギランド
山行日 2000年5月3日〜5月6日
メンバー CL渡辺剛士2 SL野口みほ子2 香川浩士3 長瀬万理3 原山愛2 藤尾紀子2 横山美輪2 篠原るり子1 竹之内真人1 福田仁1

行動記録

5月3日 7:30部室 8:45フェリ−発 12:30宮之浦港 15:05大川の滝 15:25同出発 17:20花山歩道入口C1
多人数で市電に乗るのはうれしはずかしだった。フェリ−はまるで難民船でとにかく人が多い。西村さんが港まで出迎えてくださり、久々の西村さんはやはり最強。差し入れも屈強だった。大川の滝から林道を歩いてテント場へ。星空を見つつ肉じゃがを食して寝る。明日は花山歩道。ワクワク。(藤尾)

5月4日 4:30起床 6:05出発 12:45鹿の沢小屋C2
花山歩道は、昨年の経験者から散々プレッシャ−をかけられていたため、覚悟していたからか、考えていたより気持ちよく歩けた。鹿の沢小屋では、時間があったのである者は永田岳へ、ある者は沢で遊び、ある者は昼寝した。 

5月5日 4:30起床 6:00発 8:30永田岳山頂 9:30宮之浦岳山頂 10:40翁岳山頂 11:20翁分れにて合流 12:20投石平 13:15花之江河 15:00淀川小屋 16:20林道終点C3
鹿の沢小屋でOB太郎さんと写真を撮り、別れを告げ出発。永田岳までは人の手がないと一年が登れないところがあり、後ろのほうで1年に登り方を教えている剛士君がいた。やはりそこはリ−ダ−らしい。永田岳は今までで一番の快晴だった。景色がきれいすぎ。宮之浦岳は写真とってすぐに出発。秋に登れなかった翁岳に登った。仁君と真人君も登るらしい。うぇ。下克上か?真人君は、岩は初めての割にすいすい登っていた。すげえ。花の江河は春に見た蛙が卵を産んでオタマジャクシになっていた。淀川小屋では、C3が近かったのでたくさん遊んだ。水場でぼ−っとした。水はなぜあんなにきれいなのに緑色に見えるんだろう。木登りしたら気が腐っていて怖かった。夕食のカレ−は超濃厚な味で絶品だった。1年がみな仲良く話していてとても感動した。(原山)

5月6日 5:00起床 8:00ヤクスギランド下山
ラスト1本の煙草を吸って、モチベ−ションをたかめて下山。相変わらず林道は長い。(渡辺)

反省
・林道終点に水場(ゲ−トから5分くらい下る)があったので淀川で汲まなくても良かった
・出発時間が早くてよかった(1年が良くやった)
・ 計画が安易(1年の体力の把握が不十分であった)
・ 女性が多かったので女性がCLやってもよかった(言いにくいことがあった)
・ 意気込みが空回りしたかな
・ 全日快晴だったが、屋久島の雨の恐ろしさを忘れてはいけない

個人雑感 教育学部2年渡辺剛士
今回はCLという立場で臨んだ。なにをすればいいか分からないうちに合宿が終わった、というのが正直な感想だ。やったのは起床時刻の指示ぐらいである。2、3年が多いので、何もいわなくてもまわりが気付く、と思っていた。ただ、自分は部会で皆の同意を得て決定されたCLなのだから、自分の面子をつぶすようなことは慎んで欲しかった。自分が短気で言葉遣いが悪いという事はみんな知っているはずである。それが嫌なら自分をCLにしなければよいのだ。と、いろいろいったが、鹿大山岳部の本質は本来CL論議や「低山山行か、アルピニズムか」といったスタイルの問題でもない。「各自やりたいようにやる」という事だと思う。ただ、それをはきちがえて山の中でやりたいようにやってもらっては困る。まあ、こんな事が問題化するのは余裕のあるうちだけで、ギリギリの山行では、子羊と化すであろう。とりあえず、各自夏山に向かって意識と実力を高めて欲しい。特に上級生は間違っても下克上など起こされないよう、1年には「トレ−ニングなんてやらんでもいいよ」といいつつ、密かに猛特訓に励み(笑)、思いしらせてやって欲しい。あと、仁、
靴忘れるな。

法文学部2年 野口みほ子
今回の山行は変な疲れ方をしていた。肉体的にはもちろん、精神的にもトレ−ニングすべきだと思った。とりあえず面白ダレた。

教育学部3年 香川浩士
楽しかったです。特に2年のパッキングの早さには驚いたし、頼もしさを感じた。全日快晴は良かったが裏を返せば屋久島の雨天時の厳しさを体験できなかった事になる。1年が皆楽しかったといってくれて何よりでした。いい山行をありがとう。

法文学部3年 長瀬万理
今回は10人という大人数での山行だったので、あらゆる面で緊張した。屋久島は秋合宿以来だったけれども、今回は天気が良かったので、すばらしい屋久島を見る事ができた。みんなの歩き方が良かったのか、あまり疲れる事が無く、一人でぼんやりする時間がとれてたのしかった。

教育学部2年 原山愛
今回の合宿は1年前と同じ花山歩道からで、とても楽しみだった。1年間少しだけども前に進んだ気がした。しかし一年生は少しもばてていないようだったそいつはこまった。下克上の予感がする。だいじょうぶか。トレ−ニングに励まないと、と痛感した。いろんなことがあった合宿ではあったが、自分の山に対する考え方を改めて気付かされたいい合宿であった。1年生はとてもいい人々で、3人で並んで話しているのを見たときは、微笑ましい光景で本当にいい感じだと思った。これからも、楽しいばかりでなく苦しい合宿もあると思うが、お互いに励ましあい、競い合い、それぞれを高めていけるような合宿になって行けるようにしたいと思った。

法文学部2年 藤尾紀子
3度目の宮之浦岳で初めて景色がみれた。とにかく天気がすばらしく、縦走には最高だったと思う。1年もスム−ズに動いてくれて高隈に行っておいた
成果はあったのではないかと思った。久々の多人数山行は色々あったが、やはりその分楽しかった。

法文学部2年 横山美輪
「ゲコクジョウだ・・・」今回の合宿で二年の間でささやかれた言葉。今回の一年は本当に良くやったと思う。昨年の私は疲れてピクリともわらえなかった所でとても楽しそうにしていた。それはそれで先輩としてうれしい反応である。屋久島とは思えないほど晴れて、とても歩きやすい山行だった。萌ギ色ってこんなかんじかなと思えるような緑がきれいだった。夏以来の大パ−ティでやっぱり小さなパ−ティとはピッチが違って今回の経験も今後に生かせればよいなと思う。個人的には今合宿で永田を二回登って体力に限界を感じたので夏に向けてトレ−ニングに励みたいと思う。

医学部1年 篠原るり子
初めての合宿で、戸惑いがたくさんかんじられたけれど、先輩方のリ−ドのもとただついて行くだけだったので楽だった。その分、自分発と言うものが無かった。自分で考えたりする事をしなかった。アドバイスをのみこんだようでのみこんでなかったと思う。あと、ちょっとおかわりしすぎたかもしれません。山岳部の皆を重視する事が大切なんでしょうか、団体行動というものを意識するのがいいんでしょうか分かりません。でも、全体的に天気も良くて最高でした。

理学部1年 竹之内真人
仁君と香川さんが外に寝てテントが広くてよかった。と、おもっていたら、剛士さんが体当たりしてきてあまり快適ではなかった。日が経つにつれザックが軽くなったが、体積が増えて困った。常に腹が減っていた。ほかの人はなぜ減っていないか不思議だった。ビ−バ−にはやられた。来年やってやる。

工学部1年 福田仁
全体的に良かった。雨の多い屋久島で全日晴れていた。ぺ−ス的には楽だったが、2日めの鹿の沢小屋からの遠足がとても早いぺ−スでとてもきつかった。自分の体力の無さを思い知った。トレ−ニングが足らなかった。3日目は下山だった。濡れている所でよく滑った。技術が足りない事にきづいた。1日も雨が降らなくて歩きやすかったが、雨の恐怖が体験できなかった事が惜しかった。