2004年度秋山祖母、傾山縦走合宿
期間:2004年11月12日〜11月16日
メンバー:CL黒岩聖也(2)、SL松田香樹(3)、川村麻紀(1)


11月12日
鹿児島中央駅集合5:40〜鹿児島中央6:04〜6:56川内6:59〜9:49八代10:11〜10:41熊本11:07〜11:40肥後大津12:32〜13:29宮地16:59〜17:44豊後竹田〜就寝20:30
 今日は1日中、移動の日だった。昨日、準備が遅くまでかかってあんまり眠れていなかったのでだいたいを寝て過ごした。宮地では列車を2時間半も待つことになってたので暇だった。豊後竹田に着くと食堂に行き飯を食べて駅の周辺で寝た。寒かった。

11月13日
起床5:40〜バス乗車6:50〜井手の上7:30〜登山口への近道8;35〜登山口9:00〜五合目小屋9:35〜国観峠11:45〜祖母山山頂13:05〜九合目小屋13:45〜就寝18:30
 朝早く起きてパッキングなどをして飯を食べてバスに乗り出発する。神原の手前の井手の上で降りた方がよいと言われたのでそこで降りる。ガイドを見たのだがちょと道が分かりずらくて道を間違えそうになる。そのまま進み神原登山口への近道に辿り着く。普通に林道を行くより近いのでここの登山道を行くことにする。近くに水場があったのでそこで水をくんでから行く。途中一合目の滝が見える所があった。すぐに登山口近くの駐車場に出る。駐車場の少し上から登山道に入る。そんなにきつい登りではなかったがある程度の登りを登ってそれなりに行くと五合目小屋に着く。なかなか泊まるにはいい所だ。ここから急な登りが続いた。途中、沢を渡渉する所があったが増水していなかったため問題なく進む。途中から大人数のツアーの人達が来たので道を譲った。そしてその後ろからついて行くがツアーの人達が疲れてたまに道を譲ってくれたりしたので何人かを抜いた。国観峠まで結構かかったが何とか着く。国観峠は広い所でテントを張るにも最適な所である。ただ近くに水場がない。そのまま祖母山に登りあまり時間がなかったので今日は九合目小屋に泊まることにする。九合目小屋ではテン場が分かりずらく小屋の前に張っていたら小屋の管理人が来てここで張ってはだめと言われもう少し下に下った所で張る。テン場の場所ぐらい案内板でも出してほしいものだ。後は飯を食べて寝た。

11月14日
3:50起床→5:45出発→6:09祖母山頂→7:35天狗岩との分岐近くのテン場→11:00古祖母山頂→11:30尾平越→14:10本谷山頂→16:15遭難碑→17:20九折越小屋→18:20夕食→20:30就寝
昨日、天狗岩まで来なかったので、今日の行動量が増えてしまった。ここには水場もある。祖母山からは、暗くて回りの山が見えなかった。祖母山からの下りは、少し急な岩場などがあり大変だったが、すぐに普通の土の道に戻った。障子岳へは、時間がないので行かなかった。所々、古い昔の道と新しい道に分かれていたが、すぐに合流するので道迷いにはならない。しかし、古い方は歩きにくいので新しい方を歩いた方がいい。遭難碑は登山道からは大きな岩があるだけで、回り込んで見てみないと分からない。久折越小屋から水場までは、往復20分くらいかかる。トイレは、一つは崩壊していて、もう一つはドアが壊れていた。私たちは、寒かったので小屋の中にテントを張って、その中で寝た。ネズミが出るので、食糧は袋に入れてしっかり口を閉め、テントの中にいれておく。

11月15日(月)
5:00起床〜7:00下山開始〜8:30林道〜9:40カンカケ谷〜11:15九折登山口
昨晩は、激しい雨だったが小屋どまりだったので関係なく過ごす。林道までは雨でぬかるんだ道をひたすら下る。カンカケ谷は、台風の影響でそこら中倒木だらけで道が分かりにくくなっていた。そこを過ぎると紅葉の中の道を進み登山口に着く。


雑感
教育学部 養護学校教員養成課程 3年 松田 香樹
初めての祖母は、とてもきれいだった。荷物が軽かった。

水産学部 水産学科 2年 黒岩 聖也
 今回の合宿はCLをしたのだがまだしっかりとはできていなかったような気がする。まず自分の準備が遅れてしまったことが反省点である。後は分岐点で地図を見るようにすることと生活技術がまだしっかりできていなかったことなどがある。今回の合宿でCLのすることがだいだい分かってきたのはよかったと思う。合宿では1日目はよかったのだが2日目で日没ぎりぎりまで行動してしまった。尾平越の所ではガイド通りに行けば普通にそんなに時間がかからないはずだったのだがだいぶ時間がかかってしまった。ガイドは山岳会の人達が作っていたのだが山岳会の人達も結構、体力あるのであんまり時間なんかは信用ならないものだと思った。傾山に登れなかったことは残念だったがまた機会があったら登りたい。九十九越の水場は遠かった。ガイドにやや遠いとは載っていたがここまで遠いとは思わなかった。後、今回の合宿ではアプローチに普通列車を使ったため2日目に余裕がなくなり展望台に行って景色を楽しんだりというのができなかったわけだが余裕を持った計画をたてるとすると新幹線や車で行った方がよいと思われた。それと今回は会計もやったのだが追加徴収をしなければならなかったのでこれから会計をする時は追加徴収をしないようにしたい。

理学部 物理科学科 1年 川村 麻紀
昼間でも霜柱があって、気温の低さを実感した。北アルプスのような岩場は少なく、土の道で歩きやすかった。山ももう冬らしくなっていて、きれいな景色だった。けど、ずっと同じような道で、少し飽きた感じもあった。 私は、もっとゆっくり歩きたいと思った。日頃のトレーニング不足を実感させられた。 お米は、前より上手に炊けるようになって嬉しかった。テント内などでの行動を、もっと速くできるようにしていこう!!
やっぱり楽しくてよかった。


鹿児島大学山岳部トップページへ戻る