秋の山行〜九重 

期間:2003年11月21日〜11月23日
メンバー:原山愛(4)篠原瑠理子(4)西上原えみ(3)

11月21日(金) 曇り後晴れ
10:40部室発 12:20ヒッチ開始 18:30長者原 21:15就寝
部室には九時に集合だったが、レポートやら自転車やら問題が発生して結局昼過ぎにヒッチを開始し始める。高速ヒッチをする時は、新川沿いに自転車で行き、西陵団地の入口のところで自転車を止めて、高速の入口を探して柵を越えて試行錯誤を繰り返しヒッチのポイントを探した。何回か乗り継いで長者原までやってきたけど、結局ヒッチを成功させるには、絶対にヒッチだけでいこうとする思いだと悟った。

11月22日(土)曇り後晴れ一時雪
5:00起床 7:15長者原発 10:00坊ヶつる着 12:00坊ヶつる発 12:50北千里着 13:05スガモリ越 14:15三俣山頂上 16:05坊ヶつる着 19:15就寝
 昨日の夜は、寒すぎて何度か目が覚める。朝、長者原を出るが道を間違えて1時間のロス。また、坊ヶつるに行く途中の雨が池の分岐を探そうとするが見つからず、結局坊ヶつるまで行く。坊ヶつるに着いて、とりあえず休んでテントを張り落ち着く。テントの中でウダウダしていたら山に登りたくなくなったが、晴れ間が少しずつ出てきたので三俣山に登ることにした。法華院温泉の裏から黄色の点がずっと続いていて分かりやすい。北千里では、るり子と寝転がって写真をとる。三俣の登りの途中は、木に霜がついていてすっごくわくわくするが、手がかなわんくなる。雨が池の分岐は、三俣山を登っている途中にあったので引き帰して下り始める。とても歩きにくくて、整備もしていない。けっこうな下りやし、段差もあるし、ぬかるんどるし絶対人には進められん道や。雨が池の分岐は、結局ワラが印っぽく折り曲げられているだけだった。雨が池からは天気予報を書くためダッシュで下る。結局間に合わなかったけど。夜は、星が出ていてとても綺麗だった。3回も流れ星を見た。

11月23日(日)快晴
5:00起床 7:00坊ヶツル発 9:10中岳 10:00天狗ヶ城 10:55久住山 13:40牧の戸峠 21:40部室
 坊ヶツルの夜は寒かった。坊ヶツルに泊まっていたおじさんの話によると−11℃だったらしい。朝ハプニングが起こった。ガス管の火がなかなかつかず、ついてもしょぼい火力で、ある程度温まったところでガスが切れた。テント内の空気がさらに冷たくなり、ごはんはまずい蒸らしラーメンとなった。原山氏と篠原でちょっとしたけんかをした。なぜしょぼい火だったのか、火がつきにくかったのはなぜか、それはガスの種類の違いで高冷地用のガス管ではなく、450mlほどと少なかったということだった。皆黙って準備し出発。中岳まではけっこうな登りが続く。途中沢に出る迂回路があり、足をすべらせてしまい、手首を打った。中岳、稲星山、久住の分岐があり、そこでデポして中岳に登る。山頂からは久住への道があり、口惜しかった。久住まではいろんな道があり、これだ!と思ったら天狗が城であったりした。久住山は登りやすく、またたいへん人が多かった。牧の戸峠まで登山客プラス氷が溶けたドロドロの地面に精神的、肉体的に参った。着いたら早速ヒッチを始めた。北九州ナンバーのワゴン車が止まってくれ、親切なおじさんが熊本インターまで送ってくれほか弁でおなかを満たした後高速ヒッチ開始。もう陽も沈み40分過ぎた頃に人のいいおばさんが止まって乗せてくれた。いろいろと戒められ、無事部室到着。長い一日だった。

【雑感】
教育学部 英語科専修 4年 原山愛
すごく寒かったが、いっぱい笑って寒さを吹き飛ばすことができた山行だった。

医学部 保健学科 看護学専攻 4年 篠原瑠理子
 今回CLをつとめたがたいへん半端なリーダーだった。原山氏が言うことに対してCLとして自分の意見がそこそこしか言えず、あぁそれでもいーのかな、と妥協していたところが多々あった。それは自分の山での技術に自信がないことから起因してくるものだと思った。結局は原山氏をかなり頼っているのだ。関節的にも、直接的にも。自信がなくても自分なりの意見、感じたことを言っていかなくてはいけない。経験から得たものと経験の薄い新鮮な観点、それぞれ大事にしていこうと思った。いろいろ勉強になった。


医学部 保健学科 看護学科専攻 3年 西上原えみ
今回は鹿児島から長者原の登山口までと、下山してから牧ノ戸峠から鹿児島までは全てヒッチハイクでの移動となった。初めてのことでとてもドキドキしたが、何事もなく無事に移動できて良かった。ヒッチハイクでは、これ以外の交通手段がないという必死さが大切であると痛感した。また、ダンボールとマジックは大変役にたった。
 登山においては、1日目は樹氷も見れ、2日間とも晴天に恵まれたので最高だった。また、メンバーとも楽しく登れてよかった。しかし、2日間とも登るルートを計画とは変更したり、縦走できるところで荷物を置いて登ったりしたところがあったので、事前に地理などの研究をもっとしっかりしておく必要があった。
 テントでは2泊したが、寒気が来ていて、とても寒く、風が強かった。坊ヶツルでは−11℃まで下がったらしい。防寒具はそれなりに持っていっていたが、寒さで眠れなかった。自分は寒さに弱いのでホッカイロやその他の防寒対策を考える必要があった。