屋久島冬期山行 その2

    

12月23日(火) 晴れ

05:30 起床
08:10 出発
15:00 大石展望台
17:00 テントサイト着(標高1450m付近)

 よく寝た。焼酎を飲んでいたらラジオをつけたままシュラフに半分入った状態で寝ていた。が、すごく暖かくて風邪を引くことはなかった。

 朝、準備をしていたら一台車が上がってきた。屋久島遭難対策協議会の腕章をつけたおじさんである。雪の具合などを聞く、先週末の寒波で1メートル程度の積雪があるとのこと。気をつけろと言われた。

 1時間程度で見晴らしのよい尾根上の広場にたどり着く。荷物が重い。ピッチは上がらず、なかなか先へ進めない。標高が1000メートルを過ぎた頃から雪が残っていた。焼峰付近からは本格的に雪が積もっていてスパッツをつけて、ピッケルを出してゆっくり登る。

 15時になってもう鹿之沢小屋へはたどり着けないと思って、雪解け水をくむ。水場の少ない花山歩道上で幸運にも雪解け水で水を汲めたのはよかった。

 16時半でシャクナゲの中に広い部分を見つけてテントを張る。久しぶりに雪の上にテントを張る。一人で雪を整地して、ピッケルに張綱を固定した。なんか北アルプスの雪山を思い出して楽しかった。


000.jpg

登山口にて
000

001.jpg

標高1000メートル付近より
積雪あり
001

002.jpg

焼峰を越えると
10センチを超える積雪
スパッツを装着
002

003.jpg

おじさんのトレースが
なくなる
003

004.jpg

004

005.jpg

005

006.jpg

大石展望台より
006

007.jpg

大石展望台の
白骨樹
007

008.jpg

夕闇がせまってきた
008

009.jpg

鹿之沢まで到達できず
雪の上にテントを張る
009