2次北アルプス縦走合宿
期間:2005年8月20日〜8月23日
山域:北アルプス
メンバー:黒岩 聖也(3)

8月20日 曇のち雨
松本駅4:45〜上高地バスターミナル6:30〜小梨平キャンプ場6:50〜明神7:40〜徳沢8:35〜横尾9:45〜槍沢ロッジ11:35〜ババ平キャンプ場12:30〜就寝6:30
 
ホテルを朝早く出て松本駅に向かいそこから松本電鉄で新島々まで行きそこでバスに乗り換え上高地バスターミナルに着いた。上高地バスターミナルを出発してすぐに小梨平キャンプ場に着いた。とても広い所だった。そこから明神まで進む。観光客もそれなりにいた。さらに徳沢に進む。この辺はただひたすら樹林帯が続く比較的平らな道である。観光客が入ってくるのは徳沢まででそこから先は登山者が多いらしい。徳沢から先も結構、平らな所がおおくて1時間ぐらいで横尾に着く。横尾までは広い道だったが横尾から先は細い登山道となる。少しずつ登りも出始める。槍沢ロッジの手前でいきなり急な登りになった。なんとか槍沢ロッジに着き少し休んでから出発する。槍沢ロッジからババ平キャンプ場までは結構、時間がかかってしまった。途中から雨が降り始めた。なんとかババ平に着き雨の中、テントを張る。テン場にはテントが15張りぐらい張れそうだった。水もトイレもあった。テントを張ってからもまだ雨が降っていたが15時ぐらいに少し晴れたのでカッパや靴を乾かしたがそんなに長くは続かなかった。後は飯を作ったり天気図を書いたりしてから寝た。飯は自分で作ったのだがまあまあうまかった。

8月21日 曇のち雨
起床4:00〜出発6:40〜西岳への分岐7:50〜天狗原への分岐9:10〜槍ヶ岳山荘12:50〜就寝18:30
 
朝起きると1時間寝坊していた。目覚ましが鳴らなかったのか目覚ましに気づかなかったのかのどちらかであろう。すぐに準備して出発する。今日は予定では双六小屋だが寝坊してしまったためそこまで行けるかは分からなくなった。1ピッチ目でヘルメットを忘れたことに気づきすぐに取りに帰る。後はひたすら槍沢に浴って登って行った。1ヶ所だけ雪渓を渡る所があったがそんなに難しくなかった。ザックが重たくてあまり速く登れなかった。西岳への分岐に着きさらにある程度行くと天狗原の分岐に着いた。ここから沢を離れて登っていく。少し行ってから雨が降り始めた。途中、槍ヶ岳を開山した播隆上人が泊まっていた岩屋があった。ここからなんとか頑張って登って雨と霧の中なんとか槍ヶ岳山荘に着いた。槍ヶ岳山荘に着いた時は大分予定より時間も遅くこれから双六小屋に向かうのは少し厳しいだろうと判断し槍ヶ岳山荘でテントを張ることにした。テントは20張りぐらい張れるが大きさによって場所が分けられる。水は1L200円だった。トイレは外に1つあった。槍ヶ岳山荘のテン場は稜線上にあるためかなり風が強かった。なんとかテントを張り飯を作って食べたり天気図を書いたりした。天気図を書くと低気圧が来ているため風が強いというこが分かった。台風も来ているが台風が上陸するのはまだある程度は先であると思われた。とりあえず明日は双六小屋か黒部五郎小屋まで進もうと思ってから寝た。

8月22日 曇のち雨
起床5:30〜テント徹収開始8:00〜槍ヶ岳山荘9:30〜槍ヶ岳10:05〜槍ヶ岳山荘10:25〜ババ平キャンプ場15:20
 
夜中は激しい風雨でテントが相当揺れた。朝起きるとテントの中から見てフライの入り口の右側がジッパーから30cmぐらい上の所からポールを刺す所まで斜めに破けていた。リペアシートで直そうとしてみるものの濡れていて全然、貼れそうにない。天気は当分晴れそうになくテントの修理もできそうになかったのでこのまま下山することにした。ただ風が強かったため風がおさまるのを待とうと思った。しかしなかなか風がおさまることはなく今日中にババ平くらいまでは下りておきたいのでタイムリミットを8時にしその時間になって風がおさまらなくても出発することにした。それまでずっと本を読んだりラジオを聴いたりしていたが風はおさまることはなく8時になりテントを徹収することにした。ここで荷物はテントの中に置いておきフライをまずたたんでそれからテントの中の荷物を出しテントをたたんだ。テントは風にとばされることはなかったが荷物の何個かは風にとばされて回収が大変だった。そのため大分時間がかかった。準備が終わってテン場の番号の入った木の板を槍ヶ岳山荘に返した。それから雨は降ってなかったのでここまで来て槍ヶ岳に登らないのももったいないと思い槍ヶ岳に登ることにした。しかし登り始めて後悔した。岩が濡れてたので滑りそうで怖かった。引き返そうと思ったが登りの道と下りの道が別だったのでそのまま慎重に登った。最後のはしごを登ってなんとか頂上に着いたが頂上ではほとんど休まずすぐに下りた。槍ヶ岳山荘に着いたときはほっとした。槍ヶ岳山荘で少し休んでからババ平まで下ることにした。下ってる途中で雨が降り始めた。ザックが傾いていてあんまりペースが上がらなかった。なんとかババ平キャンプ場に着きテントを張った。テントの入口側のフライが破けているので入口側の方に荷物をまとめた。後は飯を作って食べたり天気図を書いたりして寝た。天気予報では台風は3日後に上陸するらしい。

8月23日 雨のち曇
起床6:30〜テント徹収開始8:30〜出発9:50〜槍沢ロッジ10:30〜横尾12:50〜徳沢14:50〜明神16:30〜小梨平キャンプ場17:50〜上高地バスターミナル18:30〜バス発18:45
 
朝起きると雨が降っていた。雨が止むのを待とうと思ったが8:30ごろにあきらめてテントを徹収して下山することにした。足の裏にまめができてあまりペースが上がらなかった。横尾から小梨平キャンプ場までは大分長く感じた。天気は途中から雨も止んで曇だった。小梨平キャンプ場に着くとザックを置いてバスの時刻を調べに行った。すると最終のバスがあったので急いで戻りザックを担いでバスターミナルに行きバスに乗って松本駅に帰った。そして松本駅の外で寝た。

反省     水産学部水産学科3年   黒岩 聖也  
・ フライが破けた件に関しては強風と劣化が原因であると思う。槍ヶ岳山荘に着いた日は昼過ぎからずっと雨で夜中もずっと強風と雨が続いた。テントを設置した時は雨ができるだけテントの本体に当たらないようにフライを大きな石でピンと張ったので原因だったと思う。エスパースのテントはそう簡単に破けないといわれるが台風のような強風が夜中にずっと吹いていたからさすがに破けたのではないかと思われる。後はテン場が稜線上にあったのも原因の1つじゃないかと思う。槍ヶ岳山荘の場合は場所が指定されていたが指定されてないような所だったら稜線から外れた風の弱い場所に張りたいものである。
・ 時計の調子が悪かった。時間は正確に刻むのだがアラームが鳴ったり鳴らなかったりした。1次合宿の時はしょうがなかったが2次合宿に行く前日は時間が結構あったので直すか新しいやつを買うかすべきだったと思う。
・ 槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳に登るときは鎖や梯子があって岩が濡れてて状態が悪いときに登るのは危険だった。前日に雨が降ったりして岩の状態が悪い時には鎖が出てくるような悪場は登らないようにしようと思った。
・ 1人で縦走するときはとても体力がいることが分かった。その点では少し体力不足だったと思う。

雑感     水産学部水産学科3年   黒岩 聖也  
 今回は1人での縦走となった。1人だとつらいこともあったし逆に1人だったら楽なこともあった。つらいことは1人なので荷物が重くなったり、食事を自分1人で作らないといけなかったり、テントを張ったりたたんだりする作業を全部一人でしなければいけなかったりと大変なことも多かった。逆に楽な部分は1人なのでテントのあいているスペースを自由に使えたり自分のペースで歩けたりすることだった。ただ、一人で4人用テントは重かった。できれば2人用テントがほしいところである。天気はあんまりよくなかった。台風が来ることはなかったが雨が多かった。できたら、後もう少し晴れて欲しいものだった。

鹿児島大学山岳部トップページへ戻る