GW屋久島新歓合宿
期間:2005年5月3日〜5月5日
山域:屋久島
メンバー:CL黒岩 聖也(3)SL川村 麻紀(2)天本 麻子(5)石原 剛(1)石崎 清加(1)

5月3日
部室集合6:30〜出発7:00〜フェリー発8:35〜フェリー着12:30〜バス発13:04〜紀元杉バス停14:38〜出発14:58〜淀川登山口テン場15:35〜就寝19:30
 AM6:30部室集合→市電に乗りフェリー乗り場へ→約4時間後フェリーで屋久島へ移動→バスで登山口へ→テントを張る→夕食作り→就寝

5月4日
起床4:00〜出発5:45〜出発5:45〜淀川小屋6:50〜小花之江河9:00〜花之江河9:15〜投石平10:05〜宮之浦岳12:25〜花之江河14:30〜小花之江河14:35〜淀川小屋16:00〜淀川登山口16:40〜就寝20:30
 朝4時起床であったが、黒岩さんに起こしてもらうまで寝ていたので、反省しています.5時45分にテント場を出発して淀川小屋まで歩いた。淀川がとても綺麗なのでびっくりした。小花之江河と、花之江河もとても綺麗で泳いでいるオタマジャクシがかわいかった.投石平付近で、石崎さんがバテたので、天本さんは残り、僕と黒岩さんと川村さんの3人で宮之浦岳に登ることになった.投石平から、栗生岳までかなりきつかったが、どんどん景色がよくなっていくのでかなりテンションが上がった。宮之浦岳に到着した時、とてもしんどかったが、頂上から見える永田岳は最高で疲れも消えた。もののけ姫そっくりの景色と大きな岩に感動した。下山は、見慣れた景色と疲労で辛かったが、淀川でビーバーを見るべく頑張って歩いた。16時40分になんとかテント場に着いた。

5月5日
起床8:00〜出発9:30〜紀元杉バス停9:55
 朝、起きて自分の荷物をまず外に出しテントをたたむ。テントをたたみ終わるとパッキングをした。それから昨日の話し合いで決められたとおり朝から大量に余った差し入れを食べる。それにしても差し入れがたくさんある。9:30ごろ出発したが、すぐにトイレに着きトイレに行きたい人はトイレに行った。トイレからみんな帰るとすぐ出発した。そんなに時間はかからずに紀元杉バス停まで着いた。紀元杉バス停に着くとまだ時間があったので紀元杉を見に行くことになる。2年ぶりに紀元杉を見たが相変わらず結構大きい杉だなと思った。杉を見て写真を撮り終わるとまた紀元杉のバス停に戻ってバスを待った。バスが来るとバスに乗り宮之浦港まで行った。宮之浦港に着いてフェリーの乗船券を買う時にトラブルがありみんなの学生証を見せなければならなくなったが僕としては日にちが分からないと生協のコープガイドで予約できないと思ってたが天本先輩から聞いた話では多少、日にちが分からなくてもコープガイドで予約できるらしいという事を知った。それで少しは時間を使ってしまったがまだ多少の時間があったので近くのスーパーへ行き昼食を買い、また近くの観光センターへ行った。それからフェリーに乗り鹿児島へ帰った。途中から雨が降ってきた。フェリーから降り市電に乗り部室へ帰った。そして、共益費の余りをみんなに分けて、今後の事を少し話して解散した。

<雑感>
水産学部 水産学科 3年 黒岩 聖也
 今回の合宿で2度目のCLをした。この前やった時よりかは多少慣れてきたとは思うがまだ反省点も残る。反省点は後で書くことにする。よかった点としてはトラブルは多少あったが無事に下山できてよかった。後、アタックの日に天気がよくていろいろな景色が見られて、とてもよかった。宮之浦岳は大学に入ってから登ったので3度目である。屋久島に小学校の時、住んでた頃に登ったのと合わせると6回ぐらい登ったんじゃないかと思う。多少、飽きてもきたがまあよかろう。最後に、今回の合宿では2度目のCLをしたが、川村さんや天本先輩にいろいろ助けてもらいながらもなんとか役目を果たす事ができ、よかったと思う。

<反省点>
・もう少し大きな声でみんなに指示を出すべきだった。
・後、起きる時間をもう少し早めて3:30にするべきだったのではないかと思う。アタックの日に淀川登山口に下りたのが16:40ぐらいだった。少し遅いし、宮之浦岳からの下りは急がなければならなかったのでもう少し余裕を持った方がよかったと思う。
・後、全体の反省としてはもう少し朝の準備を早くするべきであったと思う。今回は新歓合宿だったから、まだいいが次回からは朝の準備を早くするように心がけて欲しいと思う。
・歩くペースに関しては自分としてはそんなに速いペースではなかったしよかったのではないかと思う。ただ、山頂が近づくにつれてペースが速くなっていったと思うがそこは時間もなくなってきていたしここまできたらもう登るしかないと思ってペースを上げるしかなかった。とりあえず歩くペースは時間とも関係して時間がなければどうしてもペースを速めなければならないので前にも書いた通りもう少し早く起きるべきであったと思う。
・石崎さんが、ばてて頂上まで登れなかった件に関しては1年生だからある意味どうしようもない所もあるのだが、屋久島まで来てどこにも登れないというのはあんまり面白くないと思うので様子を見て黒味岳にでも登らせればよかったと思う。

<雑感>                      
理学部 物理科学科 2年 川村 麻紀
屋久島は珍しく天気予報がバッチリ当たって、とてもよい天気でした。前回とは眺めがけっこう違ったけど、去年歩いたところを「ここ知ってるぞ〜」と思いながら歩けてよかったです。鹿にも会えたし、星も綺麗だったし、紀元杉も見られて、たんかんのソフトクリームも食べて、オプションはバッチリでした。これに温泉がつけばもっとよかったけど、お風呂はフェリーで入れました。もう一日でも休みが多いとよかったです。
初めてのSLで、決まってからずっと不安でした。一年生の面倒をちゃんと看られるか、楽しんでもらえるか、状況に応じてCLと正しい判断をできるか、、、、 とても心配でした。
けど、ちゃんと帰ってこれてよかったです。天本さんがついて来てくれていて、とてもよかったです。
 皆さん、たくさんいろいろありがとうございました。今回で、SLが何をしたら良いのか、前よりはっきりしてきました。次からは、もっとしっかりしたいです。

<反省点>
 ちゃんと帰って来られたけど、反省点はたくさんあります。
・ 歩く順番は 黒岩さん・石崎・川村・石原・天本さん で、スピードは私には少し速かったけど、石崎が遅れずにピッタリと黒岩さんについて行くので、「石崎も石原も高校でも山やってたし、きついのは私だけかぁ。去年の慧も私もちゃんと歩けたから大丈夫かな。」と思いながら、何も意見しないでそのままにしてしまったこと。 
・ 各小休止で時間を決めずにダラダラと20分くらい休んでしまったこと。
・ 途中で石崎の足音がパタパタと大きくなって疲れが見え始めてたのに、黒岩さんと天本さんと話しあったりせずに何も対策をとらなかったこと。

ほかにもあったけど、どれも、気付いたらその都度CLに言って話し合っていれば良かったことばかりでした。もちろんCLの決定が一番だけど、CLの判断を黙って待つのではなく、もっと自分から動いて、CLの考えを聞かせてもらえるようにしていかなければならないと感じました。
 松田さんには、「調子を看て、途中で他のピークをとることにしたりしてあげないと、つまらないまま終わりになっちゃうよ。」と言われました。そういう応用力・判断力も身につけたいです。
 あと、忘れ物をなくさなければならないです。

<雑感>    
農学部獣医学科5年 天本 麻子
久々の屋久島で、メンバーが今までとまったく違ったので新鮮でした。二日目の行動日は晴天で、気持ち良かった。その日の夜にシカがテント近くの空き地に出現し、随分近くまで行って写真を撮りました。夜は晴れて星がきれいだったようですが、残念ながら私はコンタクトを外した後だったので、見ることが出来ませんでした。だからすぐ寝ました。
今考えるとかなり残念なことをしました。

<反省点>
・ 脱力し過ぎだった
・言いたいことははっきり言おう

<雑感>
水産学部 水産学科 1年 石原 剛
 初めての屋久島は、天気にめぐまれて、スゴイ大自然の景色や紀元杉、ヤクシカを見ることができて、とても感動した.次は永田岳の縦走がしてみたいです!また山行中の先輩方のサポートに感謝感激しています。ありがとうございました。

<反省点>  
・朝起きることと、起きてからの準備がルーズだった。次からテキパキと行動したい。また積極的に調理に参加したいと思う。

<雑感>
農学部 生物資源学科 1年 石崎 清加
 今回、初めて屋久島へ行った。世界遺産であるだけに、山道を歩いていると、樹齢の大きい木々を頻繁に見ることができた。屋久島のふもとは亜熱帯の気候なのに、淀川登山口に着くと、ひんやりしていて霜がおりていた。夜は寒くてなかなか寝つけなかった。2日目の登山では、体力不足な面と、日中の暑さが重なって、途中でダウンしてしまったが部員のメンバーがぬれタオルや枕を貸してくれたり、日影に横になるスペースを確保してくれて、体力が回復して来た。先輩と一緒に途中下山することになったが、無事帰り着くことができて良かった。

鹿児島大学山岳部トップページへ戻る