制作環境
 こんなの読む人がいるのかわかりませんが、うちのパソコン環境の話を少々致しましょう。山岳部の話からは離れますのでPCに興味のない方は読み飛ばして結構ですよ。

メインマシン
CPU  Athlon XP 1600+
メモリ 256MB
HDD 120GB(60GB×2)
OS Windows 2000 Professional

コメント

 2台目の自作パソコンです。ケースがJin氏からパチった(いや何かの部品と交換だったっけ?)安物ゆえ騒音がすごいです。あまり無茶なことはしない主義なのですごく安定しています。ホームページの更新もこのマシンでほぼすべてやっています。

 ミドルタワーの大きなケースなので狭い部屋で場所を取っています。ただ自作パソコンなので改造はし放題!奥さんの見えない隙にCPUやメモリも取り替えたりできますね。ただそのお金が現在のところありません。

 作ったときはそこそこの性能を誇っていたマシンなのですが、2GHz、3GHzとすごいパワーのマシンがでてきて今では普通のスペックのパソコンになっちゃいました。

 DVD-RやCD-Rを焼いている最中は作業がストップしてしまいます。ちょっとこれは不便なのでもう一台パソコンを組みたいなあと思っています。お金が貯まったら速攻で作りたいなあ。

サブマシン
ibook M8602J/A
CPU  CPU G3 700MHz
メモリ 384MB
HDD 20GB
コンボドライブ
 もう一台はMacです。プレゼンテーションやDVD鑑賞で活躍しています。仕事でウィンドウズを使い慣れているせいかMacは逆に使いづらいような気がします。ウィルスなんかは感染しにくいし、マシンのデザインは好きなんですけどね。

 Air Macカードで無線LANでインターネットができます。寒い季節にコタツに入ってインターネットっていいですな。扱いが乱暴なので表面は既に傷だらけです。傷はパソコンの勲章だと思います。使っても使わなくて3年使えばパソコンなど二束三文の価値しかなくなってしまうのですから。

 Macの新入りユーザーですので何の疑いもなくMac OSX を愛用しています。何かインターフェースがWindows XPのようでMac OS9より使いやすいと思いました。昔からのMacユーザーはOS Xを毛嫌いされている方もいらっしゃるようですが。
プリンタ
EPSON PX-G900 (メイン)
 つよインクでおなじみのエプソン2003年フラッグシップモデルです。顔料系インクを採用していますので普通紙でもそこそこいい色が出ます。写真印刷で色褪せが少ないという宣伝に引かれて買ってしまいました。主に写真印刷に使う予定

Canon BJF900 (サブ)
 2001年のフラッグシップモデルかな?某大手スーパーで現品処分2万円ポッキリで購入しました。当時としては画期的な印字の速さと画質の良さでした。今では印字はそこそこ、画質はあまりきれいでないかもしれません。PX-G900を買ったので現役引退させようと思ったけど、大量に買い込んだインクが余っているしランニングコストもそこそこ安そうなのでWebページ印刷や試し刷り用にまだ使おうと思っています。

スキャナ
EPSON GT-7000U
 すさまじく古いスキャナーが未だ現役バリバリで活躍しています。この旧型でもホームページに載せる写真ならば大丈夫ですよ。画質を落とすのに苦労するくらいで、もっと解像度が悪くてもいい感じ。私は面倒臭がりなのでスキャナーはほとんど使いません。奥さんがレポート発表などでよく使っています。

デジカメ
Canon IXY Digital 400
 携帯性・画質・マニュアル機能など精錬されたモデルです。この機種を使っていて不満を感じることはあまりない。ちょっとバッテリーの容量が少ないがスペアを2つも買って、コンパクトフラッシュも512MB分も買ったのでいくらでも写真が撮れます。これからどんどん写真を撮っていこうと思います。

2004.01.13 MN